アクセスランキング

-Supported by ブログパーツ屋-





メールフォーム
ドラゴンボール コカ・コーラオリジナル コミックス背表紙フィギュア 第一弾 【12.ランチ】(食玩) ローソン限定 DRAGON BALL Z

このブログの戦闘力

4

「怖いときのランチ」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラオウ「うぬが俺のマスターか?」 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラオウ「うぬが俺のマスターか?」 前編

我が生涯に


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:01:15.72 ID:vBp1+amb0

凛「そうよ、私がマスターの凛。貴方は剣の英霊ね?」

ラオウ「如何にも。俺は拳の英霊、世紀末覇者拳王!」

凛「引き当てたわ……! 超強力なサーヴァントを!」




785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 21:45:42.60 ID:o+0bHGJ70

>>1は武論尊




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:01:46.09 ID:9aUqfk8K0

    /\
 _/   \_  ,- <  ̄ ̄ ̄`  、
 \       //    ` ー-     ヽ
  / な 私 〈く´ \        \   \
  /  ん に  ヽ ヽ  \               \  人
/  だ  乱   \ ヽ  ヽ         ヽ   X  \
ヽ   ろ  暴    /\\  \  \  ヽ }  <     ヽ
 〉  ? す   /|、_ヽ\  \   ヽ_ ィ   〉 や  |
く      る  /N ,r≠≧ミ㍉z= rz≦≠=、l!   /  め  ゝ
 }      .気  l :!∥r≠、 ヾu `マ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  /   ろ  く
/         ゝ.《 弋zソ ..:::::::..l;;;;;;;;;;;;;;;;;/ / ヽ   :   >
\       /| 从:::ー::::::::::::,:::::`::::---::' イ/   }  .:   l
   ̄ ̄ ̄ /   ! ゝ::::し          :::::/从  |/      ゝ
      / l  | l ヽ.   r ニ二ニ z し . イ |  /\__ /
      /  |  | |  \        / ! ! /    |
      /  NN| |   ≧  -  ≦   |! /     .|
 / ̄ ̄ ̄ ̄\! l!  /  7ーヘ ̄ ヽ  | /___ :|
/         V ̄ {\  /!  ハ  /} ̄!'ヽ    /ヽl
   み  エ    |   | ヽ/ 〉ー〈 V /    ',  / ハ
   た  ロ    :!   l   l   l   / ___} /  ハ
   い  同    フ   \  l   l /  \   {    ',
   に  人    |     ヽ!   レ      \  l       \
           :|       \/       /  }      }
             />-        ー- <   ノヽ      ヽ
\______/ {    `ー--   ___ヽ .イ  V     ハ
        ヽ  | ニ           二 |  |  V     ハ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:08:25.93 ID:vBp1+amb0

ラオウ「では凛、行くぞ」

凛「え? 行くってどこへ?」

ラオウ「天を平定しに行くに決まっているだろう」

ラオウ「出よ黒王号!」クワッ

ピシャーン

バカラッバカラッバカラッバカラッ

黒王号「ヒヒーンッ!」

凛「ちょ!? 待ちなさいよ!」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:09:24.50 ID:JfVf4ojp0

宝具どうするんだ?




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:11:38.37 ID:wE1oxq3k0

ラオウの一人称ってなんだっけ?




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:13:10.95 ID:jaAezto4i

>>7
安定してない。1Pの間に三回くらい変わる




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:14:45.50 ID:n5c8GywV0

>>7
ラオウ一人称





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:12:25.22 ID:Ng6XPbhD0

これは良スレの予感wwwwww




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:12:50.47 ID:vBp1+amb0

ラオウ「何をグズグズしている。さっさと乗れ!」ヒョイッ

凛「うわっ!? ちょっとやめなさい! レディにこんな恰好させるなんて」バタバタ

ラオウ「うるさい小娘だ……」ピキーンッ

凛「」ガクッ

ラオウ「行くぞ黒王号! 拳王恐怖の伝説は今より始まる!」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:16:54.32 ID:wE1oxq3k0

キャラ浮いてる最初のころは安定してなかったのは知ってたけど
死ぬ直前まで固定されなかったんだっけ?




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:19:41.58 ID:lNx2viLq0

支援




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:20:19.76 ID:vBp1+amb0

バカラッバカラッバカラッバカラッ

ラオウ「! どうどう」

黒王号「ブルル……」

ランサー「馬に乗って登場たぁ……騎兵の英霊とお見受けした」

ラオウ「その長物、ランサーか」

ランサー「如何にも。……あんたのマスターはおねんねかい?」

ラオウ「そう言ううぬも単身であろう。男の戦いに加勢など無用」

ランサー「……話のわかる奴だな」



ランサー「じゃあ、遠慮なく行くぜ!」ダンッ




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:23:34.68 ID:J4AHPq2jP

某超高校級の絶望ちゃんかって位安定してないな




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:24:09.46 ID:FTafDbEm0

もはやギャグマンガ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:24:53.57 ID:rn45mU7x0

>>16
そんなに安定してなかったっけ?某白黒狸の中の奴って




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:30:03.80 ID:J4AHPq2jP

>>19
私様と私と俺くらいはなかったっけ?




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:24:39.09 ID:vBp1+amb0

ガキィンッ

ラオウ「……っ」グッ

ランサー「素手で受けただと!?」

ラオウ「ぬうぅぅん!」グオッ

ランサー「!」

ドガァァァッ



ラオウ「今のを避けるか。なかなかやるな」

ランサー「魔力放出……? 違うな」ザッ





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:29:23.02 ID:vBp1+amb0

ランサー「お前、ライダーじゃないな。一体何のサーヴァントだ!」

ラオウ「我は拳王! 世紀末覇者拳王だ!」

ランサー「世紀末覇者……?」


ランサー「! ちっ、これからって時に……」

ランサー「拳王さんよ、この勝負預けたぜ」シュン…


ラオウ「……」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:31:15.43 ID:9Vh2DRZl0

ラオウ単独か、なら支援だ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:33:26.34 ID:vBp1+amb0

…………

凛「……ん、朝?」

ラオウ「起きたか」クワッ

凛「きゃあああ!?」

ラオウ「なんだ、起きて早々やかましい」

凛「ご、ごめん。いきなり心臓によくない物をみたから……」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:33:38.17 ID:wE1oxq3k0

ジャキとかアミバ出てきたら終わりそうだな




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:37:26.07 ID:vBp1+amb0



凛「じゃあ私はこれから学校だから」

ラオウ「うむ」クイッ

凛「……」

ラオウ「……うむ、いい酒だ」

凛「朝っぱらから酒煽ってないで、あんたも霊体化してついてきなさい」

ラオウ「……」クイッ

凛「……ちょっと! 聞いて」


ラオウ「小娘」ギロッ

凛「!」ビクッ




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:41:25.41 ID:NMvxtMDyO

俺 って違和感あるな
我 のような




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:42:58.17 ID:9Vh2DRZl0

状況や気分によってわたし、俺、ワシ、我、このラオウor拳王みたいに変わるからな
だから別に気にしない




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:47:21.08 ID:vBp1+amb0

ラオウ「俺は誰の命令も受けぬ」

ラオウ「たとえ、神の命令でもな」

凛「」ビリビリッ


ラオウ「わかったらさっさと学校とやらに行け」トクトク…

凛「……っ」



「令呪をもって命ずる……」

ラオウ「! 馬鹿者! 何をしている!」

凛「拳王のクソバカヤロウに言う事聞かせろー!!」カッ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 21:59:06.18 ID:vBp1+amb0

凛「まさか令呪二つも使うなんて……」

(この拳王に膝をつかせるとは……後で覚えておけよ)

凛「ふん!」



美綴「どうしたの遠坂、怖い顔して」

凛「え、いや何でもないわよ」

美綴「本当に? また柳洞と言い合いになったんじゃないの?」

凛「あー……そんな感じ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:03:50.56 ID:9Vh2DRZl0

俗っぽい拳王だなww
しかし令呪ここで使っていいのかよww




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:07:59.95 ID:vBp1+amb0

美綴「遠坂は要領良さそうで、その実不器用だからねぇ。特に人間関係」

凛「……」ピクッ

美綴「何て言うの? うまく立ち回ろうとして、全部の壁にぶつかる感じ」

凛「うっさい。私をどっかの正義の味方と一緒にしないで」


キンコンカンコン


凛「さ、行った行った」シッシッ

美綴「あんたと衛宮君、かなり似た者同士だよ」

凛「! 綾子!」

美綴「あっはっはっ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:14:11.92 ID:vBp1+amb0

…………

凛「さて、もうみんな帰ったわね」

ラオウ「うむ。残りの生徒も皆外だ」スゥ…

凛「あんたは出て来ないで」

ラオウ「……」スゥ…



凛「私のテリトリーに結界なんて張ってくれて……」

凛「いいわ。その挑戦受けてやろうじゃない!」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:20:07.00 ID:vBp1+amb0

屋上

凛「……やられた」

(何がだ)

凛「私の力じゃこの結界は消せない。せいぜい妨害するのが関の山だわ」

(勢い良く啖呵を切っておいて情けない)

凛「う、うるさいわね」


凛「……でも、学校の関係者にマスターが一人はいる。それだけは間違いないわ」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:24:13.13 ID:vBp1+amb0

(そういえば、昨夜ランサーと一戦交えたぞ)

凛「嘘!? 初耳なんだけど!」

(うぬも居合わせだだろう。眠らせていだが)

凛「まさかあんた、あの馬鹿デカい馬で出歩いたんじゃ……」

(黒王号だ)

凛「今はどうでもいいわよ!」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:30:45.61 ID:vBp1+amb0

凛「……んで、仕留めたの?」

(顔合わせ程度のつもりだったのだろう。あっさり退きおったわ)

凛「相手の獲物は?」

(赤い長槍だな。この拳王のオーラが見えないようでは、俺の敵ではないな)

凛「オーラ?」

(闘気の事だ。非情に徹する事で)

凛「あー、わかったわかった」

ラオウ「貴様俺を愚弄したな!?」スゥ…

凛「わ!? ごめんって! 家に帰ったら聞くから!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:33:39.20 ID:vBp1+amb0

正直フェイトやったの大分前だからシナリオあやふやだけど許してね
変なとこあったらつっこんで




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:35:59.06 ID:jF8JPKUui

問題ない、続けろ




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:36:49.96 ID:Rj/CxopJi

書くなら早くしろ




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:42:06.72 ID:vBp1+amb0

遠坂家

凛「はぁ……疲れた」

ラオウ「あの程度の座学で疲れたなどと……修業が足りんな」スゥ…

凛「授業の事じゃないわよ! あんたの所為よあんたの!」

ラオウ「口を慎め!」クワッ

凛「ッ!?」ビクッ

ラオウ「令呪によって多少この俺を拘束した程度で粋がるな」

凛「……くっ」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:43:40.04 ID:wPbr7SwHO

うむ
原作からして凛の高慢な態度はイライラしていたのだ
いいよ




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:46:37.36 ID:wE1oxq3k0

ラオウのキャラがどんなだったか思い出せんわ
死兆星が見える奴としか戦わなかったり
お前の秘密はトキがしっておるわ(ドヤァ) で偉そうだけどなんかおかしいおっさんのイメージしか残ってない





59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:47:29.65 ID:Md//ND3T0

>>58
ラオウと戦うから死兆星が見えてしまうんだと何度言えば




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:48:17.92 ID:vBp1+amb0

……

凛「拳王」

ラオウ「様をつけろ小娘」

凛「あんたセイバーじゃないの?」

ラオウ「質問の意図がわからんな」

凛「昨日、馬を召喚してたでしょ。セイバーでもできなくはないと思うけど、どっちかって言うとライダーとかキャスターの能力かなって」

ラオウ「俺はライダーでもキャスターでもない。俺は拳の英霊、黒王号は友だ」

凛「友って……」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:49:43.86 ID:73qzxWB7O

一人称がうぬじゃなかったっけ?




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:51:02.11 ID:ECI+IsEW0

>>61
>>11




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:52:00.14 ID:9Vh2DRZl0

一人称よりラオウの性格の方に違和感があったり




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:53:28.88 ID:vBp1+amb0

ラオウ「俺の謎を知りたくば、ついて来るがいい」

凛「ついて……って、またどっか行くつもり!?」

ラオウ「何処かとは愚かな。戦場に向かうに決まっているだろう」

凛「戦場?」

ラオウ「わからぬか? あれほどまでに巨大な闘気が!」





イリヤ「あら、遠坂家のマスターじゃない」

凛「! アインツベルン!?」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:08:49.26 ID:hG4NGiSA0

>>63
最初期は暴力を極めた悪党の親玉で、ゲスい所も見え隠れしてた
中期から死亡辺りまではケンシロウに追い詰められたり、トキとの事なんかで良くも悪くも人間臭さが出てくる
死亡以降は加速度的に神格化が進んで、あの荒廃した世界を少しでも良くしようと心を殺して拳王となった扱い

ぶっちゃけ一人称よりも性格の定まらなさの方がすごい




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:54:00.72 ID:RBaG0CI80

>>63
一人称同様前半と後半で安定してなかったような




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:54:50.96 ID:3fL7/zkn0

ラウラスレじゃねーのか




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:55:03.83 ID:Md//ND3T0

バーサーカーと戦うとか胸熱




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:55:23.11 ID:ECI+IsEW0

ガチムチvsガチムチ




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 22:59:04.04 ID:JfVf4ojp0

ラオウだとラウラに見えたってレスつくのか、その逆はよく見るけど




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:00:10.36 ID:wE1oxq3k0

ラオウの性格は>>1のイメージか




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:00:59.50 ID:vBp1+amb0

凛「ちょっと拳王! あんたアインツベルンがいるって知っててここに来たの?」

ラオウ「初戦にうってつけの相手だろう」

凛「なに考えてんのよ! わざわざ強敵にぶつかるなんて!」

ラオウ「凛」

凛「なによ!」


ラオウ「聖杯戦争の王道がどうかは知らんが、俺の生きていた時代では、自らの力で切り開く道こそが王道だった」


ラオウ「力こそ正義。戦いとはそういうものだろう」




73 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/13(水) 23:03:07.26 ID:J5pHSv4x0

初戦は昨夜のランサーじゃなかったのか?




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:08:04.09 ID:vBp1+amb0

イリヤ「なーんかかっこいい事言っているけど、そういうのはウチのバーサーカーを倒してからにしてよね」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■!!」


凛「な、なにあれ……」ビリビリッ

ラオウ「さしずめ、鬼……といったところか」


バサァッ


ラオウ「鬼が相手ならば、俺も同じ地に降りる他あるまい!」ズウゥン




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:10:16.19 ID:wE1oxq3k0

葬式にノリで参加してたやるおが忘れられない




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:11:06.31 ID:vBp1+amb0

バーサーカー「■■―――」

ラオウ「ふ、これほどの男はフドウ以来か。待ちかねたぞ」

イリヤ「む……バーサーカーを前にして笑うなんて生意気」

イリヤ「怖がらないならいいや、殺しちゃえ」



バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!!!」グァァッ


ドガァァァッ


凛「拳王ー!」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:11:28.00 ID:xUug6C8m0

やだ、ラオウVSバーサーカーのガチムチ対決とか胸熱




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:13:43.50 ID:wE1oxq3k0

夢想転生に目覚めた後のラオウなら何とかなるかも




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:17:32.00 ID:vBp1+amb0

イリヤ「つまんなーい。もう終わったの?」

バーサーカー「■■―……」

イリヤ「……え? 何?」


バーサーカー「■■■―」ググッ

ラオウ「ぬうぅ……ッ」ググッ


イリヤ「嘘!? バーサーカーとまともに組み合うなんて……」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!」ゴゴゴ

ラオウ「ぬうぅぅああッ!!」ゴゴゴ


凛「!? これが……拳王のオーラ……?」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:17:51.66 ID:KXHdJP5nO

英霊は死後呼び出されるから夢想転生可能だな




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:18:46.22 ID:sf2zg6SUO

ラオウを召喚するには何ですか?
籠手とかマントかな?




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:19:26.23 ID:1rdCRi/D0

ゴッドハンドあるからラオウ勝てないだろ




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:19:29.08 ID:MJvM69nB0

>>82
女じゃね?




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:19:32.55 ID:AIJc0Ey30

ヘラクレスもテンション上がるだろうな




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:21:08.90 ID:wE1oxq3k0

北斗神拳は暗殺拳つまりアサシンは・・・




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:21:11.32 ID:3ElcmaCs0

文明発達以前VS文明壊滅後か…




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:21:38.64 ID:TieeErlP0

そういや誰の悲しみを背負っているのだろう




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:22:48.28 ID:3iRHmpT10

むしろラオウがバーサーカーだろう




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:22:51.30 ID:vBp1+amb0

イリヤ「何やってんの! さっさと殺しなさいよ!」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!」ブンッ

ラオウ「ぬう!?」ドガァァァッ


凛「拳王!? 危ない!」


バーサーカー「■■■■■!!」グオッ


バキィッ







93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:28:54.06 ID:vBp1+amb0

凛「……!」

イリヤ「やった!」



  北  斗  神  拳  奥  義



ラオウ「無想陰殺」


バーサーカー「■■――」ゴホッ


イリヤ「バーサーカー!?」

ラオウ「ぬうぅぅぁぁぁあ……!!」



ラオウ「北斗百裂拳んんんッッ!!!!」

バーサーカー「■―■■―――■―――」ドガガガガガガッ




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:29:30.17 ID:KXHdJP5nO

ラオウだとゴッドハンドは攻略できんだろうけど凛がマスターだしパラメーターはひけとらんだろうから千日手で粘り勝ちはできるだろう。




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:30:02.37 ID:QrJcvqYV0

12回ぶっ殺せばいいのだろう?
頑張ればいけるかも




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:30:43.41 ID:auGxMo6R0

伝説知名度も神格も無いエミヤポジで武器すら持ってない肉弾戦なのに頼もしいっていうwwwww




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:31:26.66 ID:AX2pKOESi

一回の攻撃で100回殺せばいい




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:36:58.86 ID:xffPYxKA0

>>96
非実在だけど漫画やアニメとパチンコ、スロットでの活躍で英霊になったんじゃないの。




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:31:31.08 ID:Md//ND3T0

無想転生なら5回ぐらいは殺せるだろ




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:33:34.83 ID:3iRHmpT10

同じ攻撃で2回以上殺す事は出来ないとか言う設定なかったっけ




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:33:42.04 ID:wE1oxq3k0

北斗神拳の技一つが宝具一つに相当って無茶設定なら勝てるな




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:33:42.58 ID:KXHdJP5nO

そういやextraの書文先生から中国拳法はAランクまでいってやっと身に付けた事になるとあったな。
免許皆伝にあたるラオウはスキル北斗神拳にAがいくつ+されんだろ。




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:43:02.41 ID:AIJc0Ey30

>>101
A+++で達人中の達人
北斗は蒼天で見る限り2000年の歴史だったかな?神秘性ではちと劣るな




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:47:46.93 ID:6kXCMaeO0

>>113
ブリテン王もそのくらいじゃなかったか?




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:50:32.26 ID:KXHdJP5nO

>>113
歴史的に北斗宗家→北斗神拳に発展してる。
北斗神拳は2000年の歴史だけど元になった北斗宗家がいつ頃発生したのはわからなかったと思う。




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:34:51.41 ID:9Vh2DRZl0

巨漢同士の筋肉と筋肉のぶつかり合いとか血がたぎるわ




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:36:00.10 ID:vBp1+amb0

ドガァァァッ

バーサーカー「――■」ズズゥン…

ラオウ「俺は拳王! 拳での戦いでは一日の長がある」

イリヤ「うそ……イリヤのバーサーカーが宝具も使わない奴に…………」


凛「……あんな化け物に素手で勝っちゃった」

ラオウ「……ぬ」

バーサーカー「……―■■」ググッ

ラオウ「致命の拳を受けて立ち上がる……だと」




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:37:00.86 ID:TieeErlP0

釵ならあるな




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:38:27.00 ID:3ElcmaCs0

ナインライブズさえあれば…




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:39:35.12 ID:vBp1+amb0

凛「身体が再生していく……来るわよ!」

ラオウ「……」

バーサーカー「■■――」

イリヤ「……いい、今日は帰る。いこ、バーサーカー」

バーサーカー「…………」


ズズゥン

ズズゥン……



凛「……助かった」ヘタ




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:40:55.70 ID:9Vh2DRZl0

威風堂々の男子が二人もそろうと最高だな




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:41:46.15 ID:23I6eO+d0

ヒロインは勿論超絶かわいくて美しい冬木の虎に決定だよね!




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:43:43.52 ID:BhmgqfCMO

>>110いい加減にしとけよ大河




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:45:16.77 ID:wLJBZNMpi

>>110
SSF




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:41:47.71 ID:mq8f/zk90

なんという良スレ




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:41:55.21 ID:FszpDVn00

お前の体の秘密はトキが知っておるわ!!




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:47:32.55 ID:vBp1+amb0

ラオウ「あの程度で腰を抜かすとは情けない」

凛「いきなり優勝候補の一角とぶつかれば誰だって腰を抜かすわ!」

ラオウ「あれが優勝候補か。生ぬるい戦争だな」

凛「それは相性が良かったのよ。あんたみたいな肉弾戦特化タイプ、ライダーやアーチャー、キャスター相手の時はどうすんの?」

凛「それにセイバー――」



「遠坂……?」



士郎「何やってんだ、こんなところで」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:49:42.64 ID:zF4hPgiW0

真っ当な弓しか使えないアーチャーなら二指真空把が封殺できそう




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:54:25.93 ID:vBp1+amb0

凛「衛宮君!? くっ、見られた!」

ラオウ「次の相手はうぬか? 小僧」


「いえ、私が相手になります」


セイバー「徒手の使い手、アサシンのサーヴァントとお見受けしましたが」

ラオウ「暗殺者……そんな時代もあったな」

凛「衛宮君とサーヴァント!? まさか衛宮君もマスターなの?」

士郎「まさか遠坂が魔術師だなんて……」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:55:21.21 ID:ECI+IsEW0

セイバーじゃ無理だな




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:57:07.96 ID:eRr0Nc750

生前セイバーで最終ラオウと互角だろ




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/13(水) 23:59:47.97 ID:AIJc0Ey30

セイバーじゃ無理




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:00:51.16 ID:+2QgFtB10

セイバー死ぬぞ





128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:02:36.21 ID:2uo3rDTr0

セイバー\(^o^)/




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:04:30.05 ID:QZiVhwwp0

士郎「止めるんだセイバー。女の子が戦っちゃいけない」

ラオウ「うぬの主はああ言ってるぞ。俺も女に手を出すのは気が進まない」

セイバー「構えなさい。私は女である前に一人の騎士。私は、剣の英霊なのです……!」チャキッ

ラオウ「…………」



ラオウ「駄目だな。うぬは俺と戦うに値しない」

セイバー「な!?」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:10:04.25 ID:QZiVhwwp0

凛「拳王、何を言ってるのよ!」

ラオウ「わからぬか、凛。あの小娘から先のバーサーカーのような闘気を感じるか?」

凛「オーラ……?」

セイバー「私を侮辱しているのですか!?」

ラオウ「ぬうぅぅぁ!!」ゴウッ


ドガァァァッ

セイバー「ッく!?」ビリビリビリッッ

ラオウ「牙の無い獅子に用など無いわ!」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:10:42.75 ID:WGi2bzvl0

せいばーらいおん「スッ」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:15:50.09 ID:0eZ40NsG0

ラオウは強い奴と戦いたいわけでもないんだよな




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:15:54.30 ID:POm1aotT0

ゲイボルクと無想転生ならどっちが勝つのっと




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:16:38.70 ID:0tOamrox0

>>136
回りまくって最終的にバターになる




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:17:03.35 ID:OcKtNt+s0

>>137
なるほど、それはいろいろと怖いな




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:16:39.09 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「いかに優れた戦士であろうと、マスターが未熟では奥義が出せぬだろう」

ラオウ「今のうぬには強敵の見せる闘気がない。まだ俺と戦う運命にないのだ」バサッ

セイバー「……くっ」

凛「ちょっと! 要するに弱ってるって事なら、なんで今倒さないのよ!」

ラオウ「女子供に手を上げたとあれば、拳王の名が廃る」

凛「強敵には手を出して、格下は相手にしない……なんなのコイツ」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:16:44.75 ID:G12Kbww60

ラオウがアサシンだとして、全く気配遮断とか使わなそうだが・・・
やっぱり、アーチャーで、闘気とかを飛ばすタイプなのだろうか?




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:18:02.17 ID:WGi2bzvl0

>>139
クラス:拳王だからなんの問題も無い




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:21:09.83 ID:VOzXrHAU0

>>139
剛掌波の射程が十数キロ位延びるとか




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:17:18.63 ID:HkN4D5j40

ラオウかっけえ




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:17:40.81 ID:4l+UD5MT0

そもそもラオウって最大時の身長体重ってかなりあるだろ
それだけでやべえよな、筋肉だし
3mの500kgくらいありそうだ
通常時は2m150kgくらいだろうけどさ




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:18:16.40 ID:OcKtNt+s0

ラオウ、4次ライダー、5次バーサーカーの超々肉弾戦




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:18:26.88 ID:WWl3li8N0

聖杯に何を望んでいるのか




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:19:37.27 ID:0C8I5zAI0

そりゃお前ユリアだろ




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:20:19.28 ID:HkN4D5j40

ケンシロウが召喚されている可能性が微レ存?




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:20:22.30 ID:vp1Qv3ov0

一片の悔いもなく逝ったから何も望んでないだろ




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:20:41.45 ID:vElJ63VO0

ケンシロウに負けたこともユリアも何も含めて一片の悔いもない人生だったろ




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:25:04.99 ID:r2hqCUyK0

>>149
兄カイオウのことマユゲに丸投げして死んだけどな・・・




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:21:05.44 ID:OcKtNt+s0

悔いなしで死んだんだから偶然、たまたま、気まぐれ、バグで召喚されたんだよ




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:21:29.21 ID:0eZ40NsG0

どうしよう魔術耐性なんか皆無だろうにメディアさんが勝てる気がしない




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:22:58.35 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「時に小僧」

士郎「な、なんだよ」

ラオウ「我が拳王軍の傘下に入らぬか」

セイバー「な!?」

凛「え!?」

ラオウ「凛とは面識があるのだろう。万全でない状態で戦うよりはいいだろうが」

セイバー「シロウ騙されてはいけません!」

士郎「……」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:23:01.63 ID:2i9GxBXcO

>>152
いや、夢想転生や北斗の神の加護があるからめちゃくちゃ強そうだぞ




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:23:48.48 ID:WGi2bzvl0

4次ライダーを髣髴とさせるななんか
マスター振り回してるし




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:24:19.60 ID:G12Kbww60

あ、あれ・・?征服王みたいな性格に




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:24:32.77 ID:tFx9yByV0

四次ライダーみたいに折角だからもう一度生きてみよう的な




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:24:46.12 ID:vp1Qv3ov0

士郎も救世主って言われる未来もありそうだし、何か感じとったか?




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:24:53.00 ID:OcKtNt+s0

このまま北斗神拳使いまくっていこうぜ




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:24:59.71 ID:I4btSEk50

型月の面倒な設定云々はすっ飛ばして、拳王が負ける姿は想像できねえw




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:25:41.66 ID:gpiLtc9o0

筋肉ついてくると自然に征服王に近づくのか




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:27:34.19 ID:4l+UD5MT0

ラオウって黒王号と鎧兜以外になんか法具的なものあったっけ

モヒカン召喚だと4ライダーそのまんまじゃねーか




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:30:57.01 ID:G12Kbww60

>>164
むしろケン、トキなんかの強敵を召喚すると思われ・・・




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:32:21.43 ID:2i9GxBXcO

>>164
トキ戦で出したナイフとか




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:31:47.94 ID:OcKtNt+s0

>>170
ケンとトキが宝具か…




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:27:39.84 ID:G12Kbww60

しかし、ラオウが笑うところが想像つかぬっ!つかぬのだっ!!
征服王は笑顔が良かったよな




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:27:57.15 ID:OcKtNt+s0

まあ、あり得なくはない。つうかここで拳王軍結成しようとするのか




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:28:30.90 ID:q6qyipgF0

>>165
ラオウドヤ顔で笑うじゃん
師匠の兄倒した時とか




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:34:05.24 ID:G12Kbww60

>>168
ふはは・・貴様の拳などさざ波に過ぎぬわっ
ふはは・・貴様など国王号の上で十分だ
嫌な笑い方だな




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:28:14.45 ID:QZiVhwwp0

セイバー「聖杯戦争の勝者は一組なんですよ! いつ裏切られてもおかしくない!」



「じゃあ、ここで死ぬ?」



士郎「! 遠坂……!」

凛「それか、教会に逃げ込むか。力の無いマスターの道は二つに一つ」

凛「それを、私達が第三の選択肢を出してあげてるのよ? 何が最良かなんて、少し考えればわかるでしょうに」


ラオウ(……ほう)




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:30:28.17 ID:x+W2CiPp0

いかん、北斗神拳相手だと景気良く宝具ぶっぱなしたらギル様が死んじゃう




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:32:28.71 ID:4l+UD5MT0

一人忘れてね




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:32:36.38 ID:9XLB/T6L0

全盛期トキが北斗で最強なんだっけ?




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:38:06.31 ID:2i9GxBXcO

>>174
最も華麗な技を持つというのと継承者筆頭というだけで最強ではないはず
そもそも夢想転生が使えない時点で最強にはならない

今のところ霞のケンシロウが最強なんじゃないか




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:33:06.04 ID:2i9GxBXcO

>>173
強敵(とも)だけだから仕方ない




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:33:10.93 ID:QZiVhwwp0

……衛宮家


凛「へー、ここが士郎の家。立派に魔術師の家じゃない」キョロキョロ

士郎(今自然に呼び捨てにされた)

凛「で、セイバーの不調の理由ってなんなの?」

セイバー「その前に凛、私も確認したい事があります」

凛「なに?」


セイバー「あなたのサーヴァントのクラスです」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:34:58.18 ID:sJV1MVSw0

ラオウはクラスとかの枠に収まらない




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:36:36.71 ID:DBw6320A0

凛と中々息があっててワロタ




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:37:53.17 ID:OcKtNt+s0

凛…リン、か…奇縁だな




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:39:35.76 ID:G12Kbww60

・・・はっ!
このまま、このまま、北斗神拳を使いまくって霊力とかきらせてしまえば・・
凛ちゃんとラオウの体液交換が見られるのか?




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:40:08.29 ID:QZiVhwwp0

凛「それが見えないのよ」

セイバー「見えない……?」

凛「本人は拳の英霊って言ってるけど」

セイバー「馬鹿な、剣の英霊は私だ」

凛「剣じゃなく拳、ね」

セイバー「こぶし? では宝具は」

凛「今のところ何も。まあ、宝具なんて弱点晒すようなものだし、仕方ないっちゃ仕方ないけど」

セイバー「……」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:40:37.52 ID:jrni7UVIO

そもそも無双転生極めたの二人だけだし




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:40:58.75 ID:N3u2Jn8C0

拳志郎のそうりゅうなんとかの方が夢想転生より強そうに見えるから困る




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:41:07.07 ID:I4btSEk50

セイバーさん、相手の宝具聞き出そうとかせこいっすよ!




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:42:16.37 ID:qCtcBQqb0

セイバーさん小汚いね




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:43:37.39 ID:ClrIVN6/0

黒王号は宝具じゃないのか




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:44:27.93 ID:t3SaVW+I0

トキは健康体のままだったらいずれ夢想転生習得できたと思うけどな




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:47:14.33 ID:2i9GxBXcO

霞拳志朗は一話時点で夢想転生使えるチートだけど、必要となる相手がそもそもいなかったからな
ラオウもどきさんも其処まで言ってないし

>>189
それを含めてもあの時代には夢想転生クラスの天才が三人降臨してたわけだよな




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:44:59.53 ID:OcKtNt+s0

>>188
友だろ!




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:45:32.86 ID:QZiVhwwp0

凛「で、士郎達はどうなの?」

士郎「セイバーの不調は……その、俺の所為なんだ」

凛「士郎の?」

士郎「俺が魔術師として未熟だから、魔力を供給できなくて、セイバーの力をフルに使えないんだ」

凛「なによそれー。折角セイバー引いたのに、宝の持ち腐れじゃない」

セイバー「リン、私のマスターを悪く言うのは止めていただきたい」

凛「事実でしょ。自分だって苦労してるのに、騎士って難しいわね」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:45:44.00 ID:IcaH1ZMf0

トキはきっかけがなかっただけだろうな




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:48:09.39 ID:G12Kbww60

じゃあ、トキを4次みたく、バーサーカーでって・・
枠がもう無かったな




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:51:59.84 ID:POm1aotT0

トキが狂う要素が無いしなあ・・・
トキ呼んだと思ったらアミバでしたみたいな




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:55:32.96 ID:G12Kbww60

>>195
地味にワロタww

聖杯の器がユリアだったとかならいけるかも




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:56:54.65 ID:tFx9yByV0

アーミーバーとか噛ませ臭しかしない




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:57:28.35 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「慎二がマスター?」

士郎「ああ、ライダーのマスターだった」

凛「でも、どこでそんな事知ったのよ」

士郎「慎二に呼び出されたんだ。手を組もう、って。もちろん断ったけど」

凛「……」


凛「そう。隠さず話してくれてありがとう」




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:58:09.07 ID:ClrIVN6/0

慎二振られたか




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 00:58:28.05 ID:lksApnvt0

トキはキャスターでいいんじゃね奇跡の村的に




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:04:23.42 ID:QZiVhwwp0

士郎「で、慎二がついでに教えてくれたんだけど、柳洞寺に魔術師が拠点を構えてるらしい」

凛「……嫌に友好的ね。まぁ、つぶし合ってくれたら儲けって線もあるか」


凛「アインツベルンがバーサーカー、マキリがライダー、士郎がセイバー……残るはアーチャー、キャスター、ランサー、アサシンか」

ラオウ「待て、計算が合わぬぞ」

凛「あんたの所為でしょあんたの!」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:05:18.10 ID:tFx9yByV0

やっぱりアーチャーなの?
アサシンのポジションにソコソコ知名度の弓兵が居るんじゃないの?




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:06:33.03 ID:G12Kbww60

計算が合わぬのか・・・ww




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:09:50.17 ID:KNwF0h/30

このラオウの体
一歩でもここより退いたら容赦はいらぬ!
この背に向かい全矢射ち放てい!




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:11:18.18 ID:QZiVhwwp0

セイバー「拠点を構えるのはキャスターの常套手段。手遅れになる前に攻め落としましょう」

凛「キャスターとも限らないわよ。単に有能なマスターが拠点を築いているのかも。ランサーやアーチャーの所在も割れてないし、迂闊に動きたくないわ」

セイバー「しかし、城が完成すれば落とすのは容易ではない。こちらには二人もサーヴァントがいるのですから――」

凛「その同盟がこっちの切り札なのよ。そう易々とバラしては意味ないの」

セイバー「…………」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:12:15.70 ID:Ttj8wCZY0

ラオウは勇次郎とは別な意味で負ける姿が想像できん




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:14:31.64 ID:iG835aGz0

>>212
負けて欲しくないっていう願望だな




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:14:36.55 ID:QZiVhwwp0

セイバー「シロウは……シロウはどう思っているんですか?」

士郎「……」


士郎「俺はセイバーを危険な目に合わせたくない」

セイバー「シロウ……」


凛「決まりね。しばらくは敵方の動向を見ましょう」

セイバー「……わかりました」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:17:25.22 ID:gBveN6rhO

そもそも悔いなしで天に帰ったラオウは何を願うのかと

ケンシロウとの再戦か?




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:19:16.92 ID:G12Kbww60

>>215
・・受肉?




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:19:46.71 ID:OcKtNt+s0

>>215
聖杯さんの気まぐれメニュー




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:24:12.05 ID:G12Kbww60

>>215
そもそも一片の悔い無しッてのが嘘くさい
天を握りたかっただろうし、ユリアをものにしたかっただろうし、ユリアといちゃラブしたかったろうし
ユリアと・・嘘くさいわっ覇王




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:19:12.04 ID:q6qyipgF0

>>215
魔力でパワーアップした二人が戦ったら街なくなりそう




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:26:21.21 ID:QZiVhwwp0

…………


アサシン「こんな夜更けに来客か」

セイバー「……」ザッ

アサシン「マスターが見えぬが……単身この山城を落としに来たのか?」

セイバー「ええ……貴方がここの番人ですね」チャキッ

アサシン「如何にも。通るというのなら、主の命に従いお相手する他ない」

セイバー「望むところです……!」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:28:51.12 ID:G12Kbww60

ああ、もうますますラオウの枠がアチャ枠だったと
紅茶の出番無しと




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:33:09.26 ID:QZiVhwwp0

ギィンッ カシィンッ

ピィンッ

セイバー「……」ザッ

アサシン「可愛らしい少女と思っていたが……なかなかやる」

セイバー「賞賛と受けましょう」

セイバー「そちらも、その細身の剣であれほど打ち合うとは、素晴らしい腕前だ」

アサシン「ふ、これしか能がなくてな」



アサシン「血湧き肉踊る戦いをこのまま楽しむのも良いが……間合いも読めてきた事だ。我が妙技をお見せしよう」スッ

セイバー「……」グッ




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:41:01.11 ID:QZiVhwwp0

セイバー(間合いが読めたのはこちらも同じ……そのがら空きの懐に飛び込みます!)ダンッ



―――――――――― 秘  剣



   燕 返 し―――――――――――

セイバー「!」


バカラッバカラッバカラッバカラッ


アサシン「何!?」ピクッ

「ハイヨー! 黒王号ー!!」




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:42:30.69 ID:cHZhFCSK0

はいよーwwwwwwwwwwwwww
そんなキャラかよwwwwwwwwwwwwwww




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:43:07.16 ID:ej6OiqPt0

はいよーwwwwwwwww




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:43:22.65 ID:qCtcBQqb0

はいよーwwwwwwwwwwwww




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:43:48.46 ID:1a68KXpQ0

はいよー




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:44:49.69 ID:POm1aotT0

久しぶりの現世でテンション上がってるんだよ
そりゃハイヨーぐらい言いたくなるよ




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:45:01.63 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「露払いご苦労!」ダンッ

セイバー「拳王!?」


ドスンッ

バカラッバカラッ…


アサシン「……してやられたな」

セイバー「勝負に水を差すとは……どこまで私を侮辱するつもりなんだ!」ワナワナ


「約束を破った騎士さんも、十分侮辱してると思うけど?」

セイバー「!」ビクッ




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:45:15.44 ID:KNwF0h/30

はいやー!ならマジで言ってた




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:45:41.75 ID:gpiLtc9o0

情緒不安定じゃねーかwwwwwwwwwwww




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:56:26.56 ID:QZiVhwwp0

柳洞寺

ヌァーッハッハッハ…


ドガンッ


ラオウ「どうどう」

黒王号「ブル……」


「番兵を飛び越してくるなんて……なんて野蛮なのかしら」

ラオウ「ここに拳士がいるだろう。そいつを連れてこい」

キャスター「なんの事かしら?」

ラオウ「知らぬと言うなら俺自ら探すまで」


ドゴォォォオオンッ







243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:56:58.91 ID:ej6OiqPt0

先生勝てるイメージが全くできない




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:58:49.66 ID:vp1Qv3ov0

セイバーさんマジ露払いwww




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 01:59:47.91 ID:XWn8/czvO

ラオウが村にやってきたらどうすりゃいいんだ
従わぬなら死あるのみだったり意思がないやつは死ねだったり




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:01:42.14 ID:G12Kbww60

>>246
片足差し出して進軍を止めればいいよお




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:03:04.45 ID:QZiVhwwp0

キャスター「しつこい男は嫌いよ。消えなさい」


「…………今のは攻撃か?」


キャスター「!? 馬鹿な! 直撃した筈……」

ラオウ「そんなやわな攻撃ではこの身体に傷ひとつつける事はできん」

キャスター「くっ」ポウッ


バシュウ―――――――


ドガンッ ドガガガガガガッ

ドゴォォォンッ




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:03:55.43 ID:G12Kbww60

ポウッ wwwww






250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:04:52.06 ID:VOzXrHAU0

キャスターはマイコーさんだったのか




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:06:55.28 ID:QZiVhwwp0

キャスター「なんなのあのサーヴァントは!」ガガガガ

ドガァンッドゴォンッドォオンッ


ブワッ

ラオウ「ぬうあっはっはッ!!」グオッ

キャスター「!?」


ブウンッ


ラオウ「ぬ」

キャスター「なんなの! なんなのあの打たれ強さは!!」フワッ




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:13:17.18 ID:1a68KXpQ0

拳王は女は殴らないのか




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:14:55.89 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「空に逃げたか」

キャスター「貴方みたいな化け物、初めてだわ。……特別にとっておきの魔術を練ってあげるから、光栄に思う事ね」パァァ

ラオウ「ほう、どこからでもかかってくるがいい」

キャスター「っ! 分かったら……とっとと死になさいッ!!」カッ




――――ドゴオォォォォォンッッ――――








257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:18:05.86 ID:QZiVhwwp0

士郎「柳洞寺の方ヤバそうだぞ!」

凛「わかってる!」

士郎「わかってるならなんで令呪で呼び戻さないんだよ!」

凛「だってあと一個しかないんだもん!」

士郎「一個しかないってなんでさ!?」

凛「だってあの馬鹿」



――――ドゴオォォォォォンッッ――――








258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:19:42.24 ID:GZai3YHMO

199X年、世界は核の炎につつまれた。

…だが!!人類は死滅していなかった




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:21:06.30 ID:JW/cqu3sO

葛木キャスター組勝ち目なさすぎだろ




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:22:31.96 ID:QZiVhwwp0

――――ドゴオォォォォォンッッ――――


ラオウ「魔術とやら……相手にとって不足なし」

ラオウ「見ておれ小娘共。これぞ我が奥義が一つ」



    約束された勝利の拳

  北  斗  剛  掌  波









263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:24:36.80 ID:JW/cqu3sO

日本語に日本語のルビふるとか斬新




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:26:34.44 ID:9kmILzHe0

剛掌波でそれなら天将奔烈はどうなるんだ




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:29:34.17 ID:G12Kbww60

エヌマ・エリシュ
天 将 奔 烈




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:30:53.52 ID:QZiVhwwp0

シュウゥゥ…


ラオウ「…………逃したか」

士郎「拳王! 今の光は!?」

ラオウ「様をつけろ小僧」

凛「ハァ…ハァ……今のあんたの宝具? 魔力消費半端じゃないんだけど……」

ラオウ「息が上がっているな、修行が足りぬぞ凛。今ので半分程度の威力だ」

凛「階段上ってきたからよ! てか、今ので半分?」




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:34:33.71 ID:N3u2Jn8C0

魔力つかうのか




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:35:18.37 ID:G12Kbww60

いいぞ・・・そのまま使い切ってしまえ




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:37:10.16 ID:tba6IKbP0

宝具なのか?




271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:38:39.67 ID:QZiVhwwp0

士郎「で、マスターは倒したのか?」

ラオウ「マスター? 俺がやりあっていたのはキャスターだぞ」

凛「という事は、柳洞寺にサーヴァントが二人いたという事?」

ラオウ「うむ、我らの他にも手を組んでいるマスターがいたのだな」

セイバー「……勝手な事をしてすみませんでした」シュン

士郎「さっき謝ったんだから、それはもういいって」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:48:25.47 ID:G12Kbww60

まだ、脱落組みが1組もないなんてな・・遠いな




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:51:38.68 ID:QZiVhwwp0

ザッ

ラオウ「来たか」

葛木「衛宮に遠坂、誰がこんな時間に出歩いていいと教えた」

士郎「葛木先生……!」

凛「まさか柳洞寺のマスターは……先生なの?」

葛木「私は魔術師でもなんでもない。ただの朽ち果てた暗殺者だ」

凛「暗殺者……」





276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 02:58:56.54 ID:QZiVhwwp0

ちょっと葛木のキャラがわからない




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:03:08.13 ID:N3u2Jn8C0

あまりしゃべらないレイプ目のおっさん




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:03:43.61 ID:G12Kbww60

死んだ眼をしている




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:03:54.04 ID:yvhO2pHc0

散り様はかっこよく頼むよ




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:05:52.51 ID:QZiVhwwp0

キャスター「いけません宗一郎様!」バッ

葛木「止められなかったお前が悪いのだぞ。仕損じれば、奴は寺の中まで追ってくる」

キャスター「ですから逃げましょうと言ってるではないですか!」

葛木「どこへ逃げる。城を失ったお前は恰好の的なのだろう。ここで押し返す他無い」

キャスター「しかし、しかし宗一郎をあの筋肉ダルマと戦わせるなど……」


士郎「あれがキャスター……?」

凛「なんか…………首が痒くなってきた」




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:10:24.57 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「男、名は」

キャスター「宗一郎様!」

葛木「葛木宗一郎」バッ

ラオウ「宗一郎よ、容赦はせぬぞ」

葛木「……」スッ


ラオウ「ぬうううぅぅん」ゴァッ

葛木「……」スッ

ザッ

ゴウッ

ラオウ「俺の剛拳いつまで受けきれるかな?」ゴゴッ




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:10:31.48 ID:YKmquDE/0

勝てんでしょうな
腐っても天才だからな




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:13:15.32 ID:G12Kbww60

アミバ「俺は天才だ~」




では、そろそろ拳王様の決め台詞をお待ちしましょうか




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:18:48.53 ID:QZiVhwwp0

士郎「葛木先生、拳王の攻撃を凌いでる!」

凛「キャスターが強化魔術を使っていたとしても、普通避けれないわ。暗殺者だったってのは本当の事なのね……」



ラオウ「ジョイヤッ!」ゴウッ

ススス…

葛木「……」スッ


ドゴォンッ


ラオウ「ぬうっ!?」

ザッ

葛木「……」ピタッ




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:20:45.43 ID:G12Kbww60

まさか・・




288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:23:41.05 ID:QZiVhwwp0

士郎「入った!?」

セイバー「いえ、効いていません!」



ラオウ「はあぁぁ!!」ブォンッ

葛木「……」タッ

ドガァッ

   バゴォッ

ラオウ「ぬああぁッ」ゴウッ


葛木「……」ザッ

ブンッ







289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:24:42.96 ID:vp1Qv3ov0

セイバー見てるだけwww




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:31:45.69 ID:QZiVhwwp0

凛「拳王の攻撃、一つも当たらないじゃない!」

士郎「先生はヒットアンドアウェイに徹してるし、ちょっと一方的じゃないか」

セイバー「いえ、一見一方的に見えますが、拳王もカウンターをもらわぬよう仕掛け方を気にしています」

セイバー「それに、拳王の反応も徐々に上がっています。敵の拳質を見切り始めているとしたら――」


ガシィッ

ラオウ「取ったァ!」

葛木「!」グッ




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:32:40.95 ID:gpiLtc9o0

騎士王解説役かよ




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:34:47.81 ID:f19e12Qq0

そんでサイ刺してフドウデスマッチですね




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:35:53.11 ID:QZiVhwwp0

ドサッ

ラオウ「さらばだ現世の暗殺者よ!」グッ

葛木「ここまでか」





ラオウ「女、そんな事をしても無駄とわかっているだろう」

キャスター「宗一郎様を……宗一郎様を放しなさい!」ゴゴッ

ラオウ「何故それ程に勝利に、聖杯に固執する」

キャスター「聖杯なんてどうでもいいわ」

ラオウ「なに……?」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:36:37.51 ID:JW/cqu3sO

格ゲーの田植えは笑った




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:38:46.81 ID:QZiVhwwp0

キャスター「私が欲しいのは、宗一郎様だけ!」

キャスター「私は宗一郎様を愛してるの!」

ラオウ「!」



キャスター「どうしても殺すというなら、私から殺しなさい」

ラオウ「……」


ラオウ「聞けぬな。俺はこの男の命が欲しい」グオッ

キャスター「やめてぇ!!」



「さらばだ」








298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:44:14.12 ID:QZiVhwwp0

ズグッ

キャスター「嫌ぁぁぁぁぁッ!」

士郎「っ!」サッ

凛「っ」




ラオウ「拳を封じた。これで宗一郎という名の暗殺者は死んだ」

ラオウ「ここにいるのは、教師として生きる男」

葛木「……拳王」

ラオウ「身体を愛えよ、宗一郎」




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:47:17.81 ID:jKhYyzPz0

ええ話や・・・




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:52:38.84 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「キャスターはもう再起不能でしょうね」

セイバー「キャスター一人で戦い抜くのは無理でしょうしね」

士郎「セイバー、そういう話じゃないんだよ」

セイバー「そうなのですか……?」

凛「残された時間を愛した人と目一杯生きる。なんか聖杯戦争とは縁遠い話ね」

士郎「そういえば、キャスターって結局何者だったんだろう」

凛「案外、生前から一途な人だったのかもね」




301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 03:54:30.21 ID:tba6IKbP0

そうきたか




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 04:04:09.28 ID:QZiVhwwp0

士郎「しかし、拳王って結構いいとこあるんだな」

セイバー「倒せる時に倒さないのはどうかと思いますが…………まぁ、あれはあれで良かったのでしょう」

士郎「素直に褒めろよセイバー」

凛「無茶苦茶やって結局今回も手柄なし。一体何がしたいんだか……」

士郎「さあ……」

士郎「案外、この特別な状況に混ざりたかっただけなんじゃないか?」




303 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2012/06/14(木) 04:05:22.21 ID:QZiVhwwp0

眠い寝る




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 04:07:44.50 ID:jlOtlj7I0

続きはよ




306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 04:08:20.42 ID:tba6IKbP0

絶対完結させてくれ




331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 07:07:45.71 ID:fWlp9jn60

うぬが俺の黒王号だったのだな…




352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:18:05.28 ID:POm1aotT0

セイバー→
アーチャー→ジャギ
ランサー→サウザー
ライダー→ラオウ
バーサーカー→シン
キャスター→トキ
アサシン→ケンシロウ

剣使う奴というと拳王親衛隊のあいつらしか思いつかない




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:38:19.18 ID:SNvP6J82i

>>352
レイだろ。




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:52:36.36 ID:iH7KeUyI0

>>352
セイバーはファルコじゃね?




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:25:15.24 ID:+aBqFdl90

北斗の女ってなんであんなにエロいん?ほ




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:31:23.41 ID:WiBMLOLa0

>>355
成長リンで数回抜いた




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:35:41.36 ID:QZiVhwwp0

おはようございます
朝ご飯食べてきます


フェイトの資料見てきたけど、ラストがよく思い出せないや




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 10:37:23.49 ID:qtwvOhNWO

>>357
おはよう

英霊王に勝つ
士郎あなたが私の鞘だったのですね




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:00:57.35 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「協力しろ?」

慎二「ああ。衛宮みたいな三流マスターと組んでるより、余程いいと思うけど」

凛「……」

慎二「ほら、アイツはすぐ戦いたくないだの、誰も悲しませたくないだの、甘っちょろい事言うし、こういう戦いに向いてないだろ」

慎二「おまけにサーヴァントを女扱いして。サーヴァントなんてただの駒なのに」

凛「……」




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:07:32.80 ID:DhRGbzlV0

きたか




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:10:36.00 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「駒はうぬの方だ、小僧」スゥ…

慎二「な!? サーヴァントがマスターの会話に口出し」

ラオウ「……」ギロッ

慎二「……!」ビクッ

ラオウ「凛、この小僧、小物だが今殺さばうぬに必ず災いをもたらすぞ」

慎二「な、なんだ! 僕とやり合う気か!?」

凛「やめなさい拳王。……サーヴァントの不敬は謝るわ。でも知っての通り、私は衛宮君と組んでるの。先約を蔑ろにはできないわ」

慎二「ああ、そうかよ!」




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:15:51.70 ID:QZiVhwwp0

凛「じゃあ、私はこれで。さようならマキリのマスター。次合う時は戦場で」

慎二「ふん!」




ラオウ「……うぬは何に縛られている。何故あのような下郎を立てる」

ライダー「……」

ラオウ「今のうぬではつまらぬ。賭けるもののないうぬではな」


バタン


ライダー「……」




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:23:00.91 ID:QZiVhwwp0

……

士郎「遠坂も勧誘されたのか」

凛「この場合引き抜きね。それより、今の話聞いてた? あんた慎二みたいな三流に三流呼ばわりされたのよ」

士郎「え、だって事実だし」

凛「あっさり認めてんじゃないの! 何の為に私が指導してると思ってんのよ!」パシンッ

セイバー「腕前は兎も角、仲間としての結束は固まってきていますね」モグモグ




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:26:05.94 ID:qtwvOhNWO

セイバーきゃわわ




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:31:13.90 ID:QZiVhwwp0

凛「はぁ…………いいわ、私が指導していてまだ三流気取りならこっちにも考えがある。明日は朝からみっちりしごいてやるからね」

士郎「朝からって、学校はどうするのさ」

凛「……あんたね」ハァ


凛「いい? 敵対関係のマスターがいる状況で、そのマスターと同じ学校に通おうなんて考えないで」

凛「ましてやセイバーは霊体化できないんだから、学校でサーヴァントに襲われたら勝ち目ないわよ」

士郎「……わかった」




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:35:41.94 ID:QZiVhwwp0

……

プルル…プルル…

セイバー「シロウ、電話が」ガチャ

士郎「遠坂、いいか?」

遠坂「仕方ないわね……ちゃっちゃと行ってきて」

士郎「悪いな」


バタン

セイバー「……」

凛「……」




376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:45:44.12 ID:QZiVhwwp0

セイバー「不思議なものですね」

凛「何が?」

セイバー「同盟関係にあるとはいえ、サーヴァントを従えていないマスターが他人のサーヴァントと二人きりになるとは」

凛「あら、セイバーは隙あらば私を殺す気なの?」

セイバー「いえ、そのようなつもりは」



セイバー「しかし、私も聖杯にかける願いがある。いつかは、リン達と雌雄を決しなければならない」





377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:47:25.23 ID:4l+UD5MT0

リンwww




379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:52:42.63 ID:QZiVhwwp0

凛「改めて口にするって事は、迷いが生まれ始めてるって事ね」

セイバー「リン! 私は」

ガチャ

士郎「悪い、ちょっと出掛けてくる」

セイバー「……」

凛「……」

士郎「あ、悪い、邪魔した」

バタン

セイバー「……」

凛「……」




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 11:58:52.38 ID:DQ0RMsPmO

凛「……って、出掛けるって、サーヴァントも連れずにどこ行く気よ!」

セイバー「! そうでした!」

凛「拳王、士郎を追って!」



凛「拳王!? 返事がない……既に追ってくれてればいいけど」

セイバー「私達も追いましょう。シロウの気配なら追跡可能です」

凛「全く、あんた達はどうして勝手な行動を取るかな」

セイバー「……面目ない」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:01:07.29 ID:lbGolQG4O

まーたこの馬鹿男は単独行動を…




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:09:46.86 ID:DQ0RMsPmO

学校

士郎「これは!?」

ラオウ「結界だな。凛が破壊し損ねた結界が発動したのだろう」スゥ…

士郎「……居たのか。拳王、この結界の効果はなんだ?」

ラオウ「知らん」

士郎「知らんって」

ラオウ「俺は拳士であって魔術師ではない。サーヴァント化して魔力の感知はできるようになったものの、魔術の類には全く関わった事がないから、その質問には答えられん」

ラオウ「だが……中の人間が弱っていくのだけはわかる。どういう理屈かは知らんがな」




386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:10:35.93 ID:DQ0RMsPmO

ID変わった




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:23:16.09 ID:DQ0RMsPmO

士郎「おい、しっかりしろ!」

士郎「……く、駄目だ。意識がない」

ラオウ「覚悟を決めよ小僧。その者達を救いたくば、結界を破壊するか、仕掛けた者を倒す他あるまい」


士郎(慎二は保険代わりに結界を張ったと言っていた……)

士郎「慎二……」ギリッ




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:29:12.65 ID:2WnXKp8UO

「憤ッ!」とか「破ァ!」とか言いながら巨体から繰り出される圧倒的な破壊力を見たいな




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:32:54.99 ID:A6NMrrXS0

>>392
ラオウはそんなこと言わない




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:33:09.59 ID:DQ0RMsPmO

士郎「慎二! どこだ慎二!」


「そんなに大声出さなくても聞こえてるよ」


慎二「呼び出したのは僕の方だからね」ザッ

士郎「慎二! 今すぐ結界を解くんだ!」

慎二「いいけど、衛宮は何を提示してくれるんだ? 遠坂を裏切ってくれるんなら、今すぐ結界を解いてもいいけど」

士郎「何言ってんだ、みんなが衰弱してるんだぞ!」

慎二「知ってるよ。僕の張った結界なんだからね」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:38:59.68 ID:DQ0RMsPmO

士郎「自分が何してるかわかってるのか!? 人が死ぬかも知れないんだぞ!」

慎二「凡人の事なんか魔術師が気にするなよ。これだから三流は……」

士郎「テメェ――」ダッ


ジャララララララッ


士郎「! ぐぁ!?」ドサッ

ライダー「……」ザッ

慎二「おいライダー、何外してんだよ」

士郎「く……ライダーのサーヴァント……!」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:50:41.61 ID:DQ0RMsPmO

士郎「拳王、ライダーの相手を頼む。俺は慎二を」

ラオウ「ぬん!」バチッ

士郎「ばわっ!?」ズザーッ

ラオウ「拳王に指図をするとは身の程を知れ!」

士郎「」


慎二「なんだ? いきなり仲間割れか? いいねえ、もっとやれよ!」

ラオウ「頭に乗るな小僧!」クワッ

慎二「ひっ!? ら、ライダー!」ビクッ

ライダー「……」ジャラ…




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 12:59:31.53 ID:DQ0RMsPmO

慎二「はっ! 凄んでも無駄さ! お前の弱点は割れてんだよ!」

士郎「拳王の弱点……?」

ラオウ「愚かな。この拳王の肉体に弱点などない」

慎二「フン、遊んでやれ、ライダー」

ライダー「……」タンッ

ザッ

バッ ダンッ ヒュンッ

――――タッ

ラオウ「!」ビッ

士郎「速い!」

慎二「いくらパワーがあっても圧倒的なスピードの前では意味がない! このまま切り刻んでやるよ!」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:01:20.58 ID:WntySkmcO

ライダー=レイか
断固相殺拳・・・




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:01:41.82 ID:Zz5mRPGV0

ハエが攻撃しても痛くも無いわな




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:03:34.60 ID:OcKtNt+s0

ラオウが遅いとかどこ情報よ、それどこ情報よー




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:04:48.23 ID:RQjR3lV30

遅かろうが遅くなかろうが闘気というものがありましてね・・・




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:05:47.19 ID:4l+UD5MT0

ライダーなんて黒王号が相手でいいだろ




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:07:23.78 ID:Zz5mRPGV0

>>406
何その残酷物語りww




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:08:18.43 ID:DQ0RMsPmO

ビッ ザクッ

ズバッ

士郎「葛木先生の時より速い……!」

慎二「当たり前だ! 学校中の人間を生贄にしてるんだ。今のライダーに致命の拳を突き入れる事はできない!」

士郎「く……どうすれば」



「何かと思えば、とんだ期待はずれよ」



ラオウ「ぬんッ!」ゴウッ

ライダー「!!」ザッ




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:10:57.91 ID:qpSmZUIc0

エミヤェ...




411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:12:54.71 ID:Zz5mRPGV0

そろそろ誰かひでぶっても良いと思う




413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:20:26.13 ID:uxH0s/3KO

ライダーがひでぶっていいながら破裂するのか




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:20:57.24 ID:DQ0RMsPmO

慎二「おい! 何攻撃やめてんだ! 攻め続けろよ!」

ライダー(今、無数の鋭い拳が……)ジャラ

ラオウ「ふ……見えたか。今貴様が見たのは、この俺が纏いしオーラよ」

慎二「オーラ……? わけわかんない事言いやがって! ライダー!」

ライダー「……っ」ジリッ

慎二「おい! 何逃げてんだよ!」

ラオウ「どうした? 来ないのならこちらからいくぞ!」ゴゴゴ

ライダー「……これまでですね」ザクッ




416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:24:20.54 ID:J37tJplK0

ヤイバ思い出した

セイバー組なさけないのうwwwwww支援




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:26:22.89 ID:ccBt2rm90

>>416
達人であるほど云々かんぬんのあれか




420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:28:02.57 ID:J37tJplK0

それにしても
>士郎「ばわっ!?」ズザーッ
ここが読み返すだけで吹き出してしまうwwwwwwww




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:29:25.70 ID:YkWlIrMLO

関係無いが前のアーカードの奴は完結させて欲しかったな。
支援




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:07:19.87 ID:SxBuhhkI0

>>422
これか?

ほむら「吸血鬼?」アーカード「お前は人間か、それとも化け物か」
http://logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/news4vip/1320240309/




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:10:54.97 ID:WItlAoTgO

>>436
Fate zeroにアーチャーで呼ばれるほうだと思う
スネークがアサシンのやつ




456 :436:2012/06/14(木) 14:42:18.45 ID:SxBuhhkI0

>>438,443
わかった、ありがと。




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:20:02.83 ID:YkWlIrMLO

>>436
>>438の奴。アンデルセン神父がバーサーカーで出てきたり




425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:39:40.92 ID:DQ0RMsPmO

ブシャァァ

士郎「自分の首を!?」

慎二「ライダー! 何勝手な真似を!」

ライダー「現状、敵サーヴァントの撃破は困難です。宝具を用いて撤退します」ゴォォ


ラオウ「小僧、伏せていろ」

士郎「え」


ライダー「突破します」カッ



―――――ベルレフォーン―――――

  騎  英  の  手  綱








426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:42:39.20 ID:J37tJplK0

さりげなく士郎への気配りをする拳王様はかっこいいと思うの




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:46:42.96 ID:DQ0RMsPmO



――――ドオォォォオオオンッッ――――


士郎「……っ、一体何が……?」

士郎「!? 拳王!」

ラオウ「ぐぅぅ…………拳王の肉体をもってしても、あの疾走を止める事はできぬか……」シュウゥ…

士郎「……なんて無茶な」




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:50:42.85 ID:J37tJplK0

さすがに宝具を受けきるのは無謀だな




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:57:20.81 ID:DQ0RMsPmO

…………

凛「辞世の句ぐらいは聞いてあげる」

士郎「明日から藤ねえの世話、頼んだ」

パシンッ

凛「拳王も、何か言い訳ある?」

ラオウ「拳王の肉体は砕けぬ!」

バキッ

凛「はぁ……拳王まで要らないダメージもらってきて。頭痛いわ」




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 13:59:02.07 ID:J37tJplK0

パシンとかバキッてのは何してんだ?




433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:03:25.11 ID:AA0bBQQS0

>>431
ひっぱたいてる
グーで殴ってる




434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:05:42.62 ID:DQ0RMsPmO

凛「でも、これでいよいよ慎二は何をするかわからなくなったわね。学校で魔術を使った以上、魔術を隠す気も、手段を選ぶ気もないだろうし」

士郎「……慎二を倒そう。手遅れになる前に」

凛「覚悟はできてるわね」

士郎「ああ。次は迷わず倒す」

セイバー「それでこそ聖杯戦争を戦うマスターだ」

士郎「頼むセイバー、みんなを守る為に力を貸してくれ」

セイバー「はい、任せて下さい」




435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:06:58.29 ID:J37tJplK0

置物胸Aさんここぞとばかりにドヤ顔で言いますねえ




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:16:06.37 ID:DQ0RMsPmO

新都

セイバー「シロウ」

士郎「ああ、明らかにこっちを見ているな」

セイバー「挑発と取っていいでしょう。受けますか?」

士郎「探す手間が省けたのは好都合だ。……ここで決着をつけよう」

セイバー「はい」





凛「今回は乱入しないの?」

ラオウ「女を手にかけるのは好かん」

凛「案外紳士的じゃない」

ラオウ「……」




441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:18:00.74 ID:J37tJplK0

この流れだと拳王はセイバーと戦わずに脱落してしまうのかな




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:19:39.74 ID:AA0bBQQS0

>>441
拳を合わせるだけの『強敵(とも)』と認めることが出来れば
その限りではないだろうて




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:21:10.54 ID:J37tJplK0

うーん・・・おしっこ・・・




445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:21:56.64 ID:J37tJplK0

誤爆




446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:27:08.05 ID:Y+/QcWq30

どこの誤爆だよwwwwww
おしっことうんこの二択でも迫られたのか




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:27:39.94 ID:J37tJplK0

マザー2のOP実況してたんだよ恥ずかしい




448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:29:28.24 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「俺のことより、自分はいいのか?」

凛「何が?」

ラオウ「小僧の事だ。戦う男の命は短い。後悔しても知らぬぞ」

凛「な、何で私が士郎の生き死にまで考えなきゃいけないのよ」

ラオウ「ふ……」

凛「笑うな!」

ラオウ「いや、この拳王も、死してようやく人間臭さが出てきたと思ってな」

凛「……そういえば、あんたの生前ってどんなだったの?」




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:31:37.40 ID:J37tJplK0

回想は死亡フラグ




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:33:30.40 ID:lbGolQG4O

この拳王、人が出来ているな




451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:34:41.38 ID:J37tJplK0

リンは士郎より拳王に惚れそうだな




452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:35:51.90 ID:N3u2Jn8C0

JC北斗の拳をスッと出すラオウ ―完―




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:37:21.10 ID:DQ0RMsPmO

――世紀末覇者、拳王

核戦争で文明が後退した世界を、暴力と恐怖で支配しようとした男

北斗神拳という2000年を超える歴史を持つ、伝説の暗殺拳の使い手にして、究極奥義の体得まで辿り着いた数少ない拳士


その鮮烈過ぎる生き様は、多くの男達を惹き付け、今尚語り継がれている――




454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:40:10.52 ID:J37tJplK0

拳王様未来から来たっぽいのに今尚語り継がれているのかハンパねえな




455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:41:35.25 ID:0uq2TAgmi

>>454
シーッ




457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:42:32.84 ID:OcKtNt+s0

>>454
読解力無いのか?




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:43:55.47 ID:DQ0RMsPmO

凛「ちょっと待って。私達の世界は核戦争なんて起きてないわよ!」

ラオウ「みたいだな」

凛「じゃあ、あなたは何者なの……?」

ラオウ「さあ……」


ラオウ「辿り着つかなかった未来の人間か、遥か未来の人間か……或いはその逆か」

凛「そんな……有り得ないわ」

ラオウ「事実ここに俺はいる。誰よりも数奇な体験をしている事を喜べ小娘」

エクスカリバーッ




460 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/14(木) 14:44:35.06 ID:Yc8Gn51i0

ラオウ生きた時代は199X年
1990年代に核戦争が起きた平行世界のこと
別に未来からじゃないだろ

ってか核戦争起きてないからトキってまだ生きてんじゃないか?




463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:46:32.18 ID:bj/H7hkN0

>>460
病なしのトキとか拳王様勝てないじゃん…




462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:45:58.07 ID:YKmquDE/0

偶然同じ年号を刻んだまったく別の文明が未来に存在しないと断言できんだろう




464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:47:58.05 ID:N3u2Jn8C0

過去に一度文明崩壊説とかだったらうけるわ
拳王様はAU王より古い王でしたww




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:49:30.63 ID:J37tJplK0

>>464
それいいな

むしろループ世界設定っぽい感じはするが




467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:51:30.94 ID:OcKtNt+s0

セイバーの活躍がただの雄叫びだけとかカワイソスwww




469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:54:31.41 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「勝負あったな」

凛「あんな切り札を隠してたなんて……」

凛「って、あんな大技使ったらセイバー消えちゃうんじゃ!?」

ラオウ「出よ黒王号!」ピシャーン

バカラッバカラッバカラッバカラッ

黒王号「ヒヒーン!」

ラオウ「さあ乗れ!」ザッ

凛「…………っええい!」




470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:54:44.51 ID:tUmjVV9/0

核戦争起きてない北斗世界ではラオウはニートのパチンカスになってた気がする




472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 14:58:14.27 ID:lbGolQG4O

>>470
そんなのあったな。ごく潰し3人を養うジャギさん、マジ苦労人




481 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/06/14(木) 15:20:47.27 ID:t0+Hdkv8i

>>472
kwsk




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:35:40.49 ID:BKAdEW84O

>>472
SSの奴なら、核戦争は起きたけど特に荒廃しなかった世界だな
ジャギが不憫で好きだ




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:22:37.09 ID:tUmjVV9/0

>>481
http://www.hokuto-no-ken.jp/contents/special/dd id="tag476"_hokuto.html
ググッたらHPあったわ
これアニメ化してたんだな・・・・・・




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:27:44.65 ID:FuKbndmU0

>>483
えっなにこれは(驚愕)




473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:00:16.88 ID:DQ0RMsPmO

バカラッバカラッバカラッバカラッ

ラオウ「つぉーう!」

ドスゥゥン

凛「セイバー!」ザッ

セイバー「はぁ…はぁ……リンでしたか……一瞬、ライダーの再来かと…………」

凛「凄く消耗してる……士郎は?」

セイバー「マスターを追っていきました…………」

凛「拳王、お願い」

ラオウ「仕方ない」スゥ…




474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:10:24.25 ID:N3u2Jn8C0

刹活孔かな?




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:10:33.48 ID:jUTq/KMZO

「つぉーう!」でなんかワロタ




478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:15:04.54 ID:DQ0RMsPmO

凛「いないですって!?」

ラオウ「セイバーが現界している以上、死んではいないだろうが、気配が全くない」

凛「く……次から次へと」ギリッ

セイバー「リン、シロウは……」

凛「大丈夫。生きてるなら、何かしらの交渉が持ちかけられる筈……今は自分の心配だけしなさい」




479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:16:26.06 ID:J37tJplK0

つーか師匠いないけどシロウ覚醒できんのか?




484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:24:23.32 ID:AA0bBQQS0

>>479
代わりに北斗神拳に目覚めます

士郎「夢 想 転 生 (ウ ロ ボ ロ ス) !!」




482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:21:22.46 ID:DQ0RMsPmO

……

セイバー「すぅ……すぅ……」

凛「……どうだった?」

ラオウ「キャスターが言うには、アインツベルンと教会以外を探った結果、どこにも見当たらないと」スゥ…

凛「という事は、士郎はアインツベルンに……」

ラオウ「行くか」

凛「嬉しそうね」

ラオウ「あれほどの男と、また戦えるのだ。自然とたぎってくるというものよ」




486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:27:07.83 ID:DQ0RMsPmO

アインツベルン

イリヤ「ねーシロウ、イリヤのものになってよー」

士郎「いや、それはできない」

イリヤ「どうしても?」

士郎「どうしても」

イリヤ「イリヤのお願いでも?」

士郎「駄目だ」

イリヤ「イリヤ、シロウがイリヤのものになってくれるなら、なんでもするよ?」

士郎「……それでも駄目だ」

イリヤ「えー」




488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:27:48.14 ID:Gl/6JmXAi

>>486
ぱんつ脱いだ




490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:30:30.74 ID:pS/FY4fM0

>>488
残念だけどイリヤのエロは大人の都合によりNG




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:32:12.68 ID:AA0bBQQS0

>>490
なー、本当は士郎よりお姉ちゃんでバb

グチャァッ

 




491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:31:44.89 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「……シロウもイリヤの事嫌いなんだ」

士郎「いや、イリヤの事は嫌いじゃないぞ」

イリヤ「じゃあ好き!?」グッ

士郎「わ、割と」

イリヤ「えー、割と?」

士郎「け、結構」

イリヤ「えー……」

士郎「か、かなり……」

イリヤ「じーっ」

士郎「うう……」




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:32:30.73 ID:J37tJplK0

士郎 ジゴロ A++




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:34:02.75 ID:DQ0RMsPmO

士郎「す、すっごく好きだよ?」

イリヤ「ホント!?」

士郎「ホントホント」

イリヤ「わーい!」ギュー

士郎「うう……」

イリヤ「じゃあ、イリヤのものになってくれる?」

士郎「それは無理だ」

イリヤ「えー……」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:39:01.38 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「もういい! シロウのバカ! あの女殺す!」

バタンッ

士郎「ま、まて! あの女って……」


士郎(あの女って……セイバー? それとも遠坂)


ガチャ


凛「へー、衛宮君ってああいう子がいいんだ」

士郎「おわっ!?」ガタンッ

凛「あ、コケた」




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/14(木) 15:44:00.59 ID:DQ0RMsPmO

士郎「助かったよ遠坂」

凛「ホントはまんざらでもなかったんじゃない?」

士郎「しつこいな」

セイバー「リン、イリヤスフィールが戻る前に脱出を」



「誰が戻る前に……って?」



凛「まさか……」


イリヤ「ふふふ……今日は全員逃がさない」





後編へ続く

powered by 勝つーる
スポンサーサイト
[ 2012/06/15 02:00 ] SS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://2chmatometemitazo.blog.fc2.com/tb.php/182-c657df2b


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村 フッジサーンあんてな
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。