アクセスランキング

-Supported by ブログパーツ屋-





メールフォーム
ドラゴンボール コカ・コーラオリジナル コミックス背表紙フィギュア 第一弾 【12.ランチ】(食玩) ローソン限定 DRAGON BALL Z

このブログの戦闘力

4

「怖いときのランチ」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「好きだ」女「え・・・・・・」殺人鬼「ククク……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
男「好きだ」女「え・・・・・・」殺人鬼「ククク……」



※閲覧注意

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:02:46.07 ID:U8wwelKR0

女「ご、ごめん……よく聞こえなかった」

男「好きだ」

女「……誰を?」

男「俺がお前を」

女「…………」カァァァ

男「女、顔赤いぞ」

女「う、うるさい!バカ!」






2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:03:19.50 ID:I0jl8riwi

はよ殺人鬼だせ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:04:32.84 ID:6yuhbQFFO

消えた殺人鬼




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:04:33.75 ID:kizwTE66i

俺「殺人鬼は任せろ!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:05:34.13 ID:U8wwelKR0

女「あ、あんたは……あたしなんかでいいの?」

男「ああ」

女「あ、あたし、あんまり女の子っぽくないし……乱暴だし……」

男「お前じゃないと駄目なんだ」

女「なっ……!」

男「返事を……聞かせてくれ……」

女「…………」

女「あ、あたしも……」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:06:03.93 ID:xBOVUGZ60

空気読んでいなくなる殺人鬼ちゃん可愛い




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:06:38.39 ID:bFEE2Gr+0

殺人鬼はよ




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:07:03.93 ID:I0jl8riwi

乱暴な女=殺人鬼




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:07:11.28 ID:igxdinVN0

殺人鬼ちゃんのパンツくんかくんか




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:07:50.11 ID:U8wwelKR0

女「あたしも……好き……だよ……」

男「お……」

男「女……!……キスしていい?」

女「な、ななななな!何言ってんのよ!」

男「いや?」

女「いや、じゃない、けど」

男「じゃあ……」

女「しょ、しょうがないわね……」







11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:09:15.48 ID:b/cTcTNB0

パンツ脱いだ




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:11:18.32 ID:xBOVUGZ60

殺人鬼「///」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:11:46.91 ID:U8wwelKR0

男はちょっとだけ屈み、女はちょっとだけ背伸びし、
お互いの唇と唇を重ね合わせようとした―――


そのときである。


殺人鬼「させるかよおおおおおおお!!」バッ!

スパァァァァン!

茂みに隠れていた殺人鬼は一瞬で腰の日本刀を抜き放ち、今にも接吻しようとしていた男と女の首を跳ね飛ばした!

男(生首)「え?」

女(生首)「え……?」

二人の体は折り重なるように倒れ、飛んだ生首は茂みのどこかに消えていった。

殺人鬼「幸せ絶頂のカップルをキスする前にブチ殺してやったッ!」

殺人鬼「勝ったッ!」


~第一部 完~




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:12:32.68 ID:I0jl8riwi






15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:12:50.88 ID:xBOVUGZ60

震えた




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:13:01.93 ID:gB7nKabB0

oh




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:13:25.19 ID:igxdinVN0

デュラハン化したのか




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:15:08.63 ID:7WbkqLZE0

方向性が見えない




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:16:03.04 ID:U8wwelKR0

男「あ~すっかり片付けが長引いちゃったなぁ~」

女「うん……もう教室に残ってるの私たち二人きりだね……」

男「そうだね……」

男「……………」ムラムラ

男「お、女!」バッ

女「きゃっ!」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:16:25.80 ID:JB3SCDeoO

男「好きだ」

女「ご、ごめん……よく聞こえなかった」

男「好きだ」

女「……誰を?」

C「ちくわ大明神」

男「俺がお前を」

女「…………」カァァァ

男「女、顔赤いぞ」

女「う、うるさい!バカ!」

殺人鬼「誰だ今の」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:17:03.28 ID:3YcVeG6Z0

リア充男はちょっとだけ屈み、リア充女はちょっとだけ背伸びし、
お互いの唇と唇を重ね合わせようとした―――


そのときである。


キモオタ「さっ、させぅかょぉ!!」ドタッ!

スパァァァァン!

茂みに隠れていたキモオタは一瞬で腰の日本刀を抜き放ち、今にも接吻しようとしていたリア充男とリア充女の首を跳ね飛ばした!

リア充男(生首)「え?」

リア充女(生首)「え……?」

二人の体は折り重なるように倒れ、飛んだ生首は茂みのどこかに消えていった。

キモオタ「幸せ絶頂のカポーをチューする前にぶっ殺してやったお!」

殺人鬼「俺の勝ちだおwwwwwデュフフwwwww」


~第一部 完~




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:18:35.11 ID:U8wwelKR0

男「ご、ごめん!でも女が悪いんだ!こんなにかわいいから!」

女「…………」ウルッ

男「あ……」(何やってんだ俺……女の子を泣かすなんて……)

男「ごめん……俺……最低だよな……無理やり押し倒すなんて……」

女「ううん、違うの……ちょっとびっくりしちゃっただけ……」

男「え……?」

女「男くんなら……いいよ?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:18:55.57 ID:igxdinVN0

乗っ取り邪魔すんな




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:20:28.61 ID:U8wwelKR0

男「お、女!」ガバァッ

女「キャッ!」

男「そんなこと言ったら!俺!俺!」

女「うん!来てぇ!」

男「ううううぅぅぅ!女のおっぱい!小ぶりでかわいい!」

女「は、恥ずかしいよ……そんなに舐めちゃ!ああん!」

男「恥ずかしくない!女のおっぱいおいしい!」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:22:19.83 ID:I0jl8riwi

殺人鬼ちょっと遅いぞ




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:22:29.65 ID:U8wwelKR0

男「パンツ……脱がすね……?」

女「ひゃう……」

男「うわぁ……もうヌルヌルだぁ……」

女「い、言わないでぇ……!」

男「…………」ギンギン

男「い、入れるよ……?」

女「う、うん……初めてだから……痛くしないでね……?」

男「うん……できる限りがんばる」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:24:41.21 ID:gB7nKabB0

殺人鬼さん出番っすよー




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:29:17.54 ID:5cCkj7jn0

幼女(殺人鬼)「ふぇぇ・・・」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:29:28.20 ID:U8wwelKR0

男がジッパーを下ろし、己のイチモツをとりだし、腰をかがめ、先端を探るように女の膣口にあてがい、

女の秘穴へと挿入しようとした――――――――

そのときである。

殺人鬼「間に合えええええええ!!」シャキン ズトオオオ

ロッカーに隠れていた殺人鬼は一瞬で男の背後に回り尻の辺りに日本刀を突き刺した。

刃の先は男の体内を突き進み、そのまま反対側、イチモツを両断しながら再び外気に触れる。

男「ぎええええええええええ!!!」

男はたまらず悲鳴を上げるがそれでも刀はとまらずそのまま女の秘穴へと侵入する。

女「アヒン!太い!!い、痛い!痛くしないでっていったのにぃ!!」

刀は女の膣、尿道、子宮を破壊しながらそのまま多数の内臓を破壊していく。

刀のが根元まで挿入されたとき、男女ともに出血のショックで絶命していた。

殺人鬼「へっ!童貞と処女を捨てる直前に日本刀で両方とも奪ってやったぜ!」

殺人鬼「うおおおおおおおおおおおお!」



~第二部 完~




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:31:13.55 ID:I0jl8riwi

女のせいでたった




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:31:32.05 ID:23n1/GHk0

第6部くらいから殺人鬼の悲しみの過去が明らかになるんですねわかります




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:33:20.79 ID:U8wwelKR0

もうネタ切れだはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
一発ネタを続けようとするもんじゃねーなwwwwwwwwwwwwwwデュフフwwwwwwww




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:37:52.48 ID:Zl95Ywne0

>>32
現実で出来ないチキン野郎乙






34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:35:34.68 ID:UWh/eXVV0

どっちか片方殺して、残った方を絶望させれる工夫が欲しいところ




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:36:13.13 ID:qzrVGVuo0

ちょうどあーやの殺人鬼Ⅱ読んでたところです




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 14:33:41.75 ID:gB7nKabB0

殺人鬼gj



powered by 勝つーる



殺人鬼 (新潮文庫)
殺人鬼 (新潮文庫)

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)
殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)
スポンサーサイト
[ 2012/06/10 15:00 ] SS | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://2chmatometemitazo.blog.fc2.com/tb.php/179-ddb88795


まとめtyaiました【男「好きだ」女「え・・・・・・」殺人鬼「ククク……」】

男「好きだ」女「え・・・・・・」殺人鬼「ククク……」※閲覧注意
[2012/06/11 00:48] URL まとめwoネタ速neo
にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村 フッジサーンあんてな
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。