アクセスランキング

-Supported by ブログパーツ屋-





メールフォーム
ドラゴンボール コカ・コーラオリジナル コミックス背表紙フィギュア 第一弾 【12.ランチ】(食玩) ローソン限定 DRAGON BALL Z

このブログの戦闘力

4

「怖いときのランチ」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アバン「安価で勇者を育成しましょう!」 ~激闘・六大軍団! 後編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
アバン「安価で勇者を育成しましょう!」
~激闘・六大軍団! 後編~

ハドラー

181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:15:13.72 ID:1TEyXOSk0


   ー一週間後 バルジ島ー

ハドラー「…森の奥から煙が上がっているな。もうせめて来たのか?魔王軍は。」

アバン「その可能性はありますね。…急いで行きましょう。」

クロコダイン「あの紙によると姫たちはこの島の中心のバルジの塔という

       ところにいるらしい。」

ロン「塔…あれか。」

アバン「多分そうでしょうね。行ってみましょう。」


182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:21:16.86 ID:1TEyXOSk0


   ーバルジの塔ー

ザムザ「イーヒッヒッヒッヒ…脆い…脆すぎる…!」

ザムザ「人間ってのはどうしてこんなに脆いんだろうなァ。」

レオナ「ひいっ…。」

ザムザ「おー…こいつがパプニカのお姫様か。安心しな。殺しゃしねェ…

    俺の超魔研究に使ってやるからな…イーッヒッヒ!」

ハドラー「待て!」

ザムザ「おやおや…もう来てしまいましたか…お早いですね。」

アバン「貴方が氷炎魔団長ザムザ、ですね?」


183以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:26:05.55 ID:1TEyXOSk0


ザムザ「いかにも。あなた方が噂の勇者ご一行…ですね?」

ハドラー「そう呼ばれているのか。」

ザムザ「私も丁度あなた方と戦ってみたかったのですよ。」

ロン「ほう…俺らとか…。」

ザムザ「…ええ。では行きますよ…!」

   ザムザが現れた!

ハドラー「何をたくらんでいるのかは知らんが…全力で行かせてもらうぞ!」

ザムザ「そう来なくては!」


185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:34:57.12 ID:1TEyXOSk0


 ハドラーの攻撃!フェインガーフレアボムズ!ザムザに156、162、148、

 155、154のダメージ!ハドラーの攻撃!ハドラーはハーケンディストールを放った!

 ザムザに283のダメージ!

 ロンの攻撃!ゾンビ斬り!ザムザに325のダメージ!ロンの攻撃!

 ザムザに137ダメージ!

 アバンの攻撃!アバンは大地斬放った!ザムザに237ダメージ!

 クロコダインの攻撃!獣王痛恨撃!ザムザに273ダメージ!

 ポップの攻撃!ポップはメラミを唱えた!ザムザに57ダメージ!


186以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:38:26.85 ID:vP0oJ36b0


>>185
最早集団リンチ


187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:41:59.53 ID:1TEyXOSk0


ザムザ「イーッヒッヒ…ヒッヒ…なんだ?その程度か…?」

ハドラー「あれだけの技を受けてまだ立っているとは…。」

ロン「この前のキルバーンといい化け物じみた体力の奴がうじゃうじゃいるな…。」

ザムザ「イッヒッヒ…では今度はこちらから行かせてもらいますよ…!」

 ザムザは空に向かってイオナズンを唱えた!

ハドラー「何のつもりだ…?」

ザムザ「…楽しいショーの始まりの合図ですよ!見てて下さいね…!」

クロコダイン「なっ…なんだこの揺れは…?貴様…何をした…?」

ハドラー「見ろ。山の向こうの地面から何か生えてきたぞ!」


188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:47:13.02 ID:1TEyXOSk0


アバン「…これは氷炎結界呪法…!」

ハドラー「あの禁呪法か…まさかこんなものまで使うとは…!」

ザムザ「今頃気づいても遅い!そしてこの俺も…!」

 ザムザは超魔生物へと変身した!

ロン「なっ…!?」

クロコダイン「…これは厄介そうだな…全力でいくぞ!」


189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:54:47.09 ID:B3CppMk2O


ダイを魔王軍に入れてやっとバランス取れるレベル


190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:56:03.61 ID:1TEyXOSk0


   超魔ザムザが現れた!

超魔ザムザ「さぁ今度は俺の番だ!貴様等全員皆殺しにしてやる!これで俺の

      地位も安泰よ!」

 超魔ザムザの攻撃!ハドラーに375ダメージ!

ハドラー「ぐっ…。」

超魔ザムザ「どうだハドラー。禁呪で防御力の下がった体に超魔生物の一撃は

      キツいだろう?イーッヒッヒ!」

ロン「舐めるな小僧がッ!」

 ロンの攻撃!アルテマソード!ザムザに362ダメージ!

 ロンの攻撃!会心の一撃!ザムザに267ダメージ!

ザムザ「効くねェ…本当なら今の一撃は二倍の威力があったわけだ。こわいねぇ…。」

ザムザ「だがこの結界のなかじゃ致命傷にはならねぇ。残念だったな!」


191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 04:58:46.31 ID:B3CppMk2O


これでボラホーン来ても感動しねぇなぁ


192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:03:08.89 ID:1TEyXOSk0


 アバンの攻撃!アバンはアバンストラッシュを放った!ザムザに159ダメージ!

 クロコダインの攻撃!獣王激烈掌!会心の一撃!ザムザに332ダメージ!

超魔ザムザ「イッヒッヒ…どれも凄い威力だ。生身の体でその威力、

      とても信じられん。」

超魔ザムザ「だが俺の体の傷は常に回復し続けるのだ。即ちいくら攻撃しても

      無駄よ!イーッヒッヒッヒ!」

アバン「…長期戦になればこちらが圧倒的に不利だな。なんとかしなくては!」


193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:11:18.60 ID:1TEyXOSk0


超魔ザムザ「何をしたって無駄よ!この超魔には勝てん!」

 超魔ザムザの攻撃!クロコダインに284ダメージ!

 アバンの攻撃!アバンはマホカトールを唱えた!

 アバン達の能力が強化され、ザムザの能力が下がった

超魔ザムザ「くっ…なんだこれは…?だがそんな小細工をしても無駄だ。」

クロコダイン「無駄かどうかは確かめてみてから出なければわかるまい。」

 ハドラーの攻撃!グランドクルス!ザムザに441ダメージ!

 ハドラーの攻撃!ハーケンディストール!ザムザに339ダメージ!

 クロコダインの攻撃!クロコダインはドルオーラを唱えた!ザムザに876ダメージ!

 ロンの攻撃!ギガブレイク!ザムザに652ダメージ!

 ロンの攻撃!ギガブレイク!ザムザに661ダメージ!

 超魔ザムザをやっつけた!


194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:18:12.93 ID:1TEyXOSk0


超魔ザムザ「イー…ヒッ…ッヒ…この俺が負けるとはな。」

超魔ザムザ「どんなにあがいても雑魚は雑魚か…。」

超魔ザムザ「だが…悪くないな…こういう人生も…!」

 ザムザは灰となった消え去った

ハドラー「…悲しい男だ。」

アバン「そうですね。…魔王軍は他にもまだいるはずです。」

アバン「炎魔塔と氷魔塔を壊すついでに残りの魔族も倒しましょう。」

ロン「そうだな。二手に別れるか。」


195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:23:06.35 ID:1TEyXOSk0


クロコダイン「じゃあ俺とハドラー殿、そしてロンベルク殿とアバン殿でいいかな?」

アバン「そうですね。ポップは私の方についてきてください。」

ポップ「はい。」

ロン「じゃあな。気をつけろよ。」

ハドラー「おう。」

クロコダイン「よし、では出発だ。」


196以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:28:34.41 ID:1TEyXOSk0


   ー炎魔塔ー

バラン「…来たかハドラー。」

ハドラー「誰だお前は…?」

バラン「私はバラン。魔軍指令バランだ。」

クロコダイン「お前が…!」

ハドラー「気をつけろ。今度の敵は今までとはレベルが違うぞ…!」

クロコダイン「そのようだな。だが二体一だ。なんとかなるだろう。」

バラン「私だけでは無いぞ。こいディーノ。」

ディーノ「はい。お父様。」


197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:35:24.48 ID:1TEyXOSk0


ハドラー「ディーノ…?なんだあの少年は…?」

バラン「私の息子だ。」

クロコダイン「バラン息子…!?」

ディーノ「魔軍指令補佐のディーノと申します。以後お見知りおきを。」

ハドラー「魔軍指令補佐…?その年で…。」

クロコダイン「どうする?マズいぞこれは…。」

ハドラー「だが戦う以外に道はあるまい。…いくぞッ!」


198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:36:35.95 ID:1TEyXOSk0


休憩しますね。


201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 05:54:22.43 ID:1TEyXOSk0


   バラン ディーノが現れた!

バラン「ハドラー覚悟ッ!」

 バランの攻撃!バランはギガデインを唱えた!

 ハドラー達に平均251のダメージ!

クロコダイン「ぐわあああああッ!!」

ハドラー「うごおおおッ!」

 バランの攻撃!ハドラーに176ダメージ!

 ハドラーの攻撃!ハドラーはイオナズンを唱えた!バラン達には効かなかった!

ハドラー「なっ…効かない!」

 クロコダインの攻撃!バランに142のダメージ!


202以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:02:45.45 ID:B3CppMk2O


やっとおっさんの叫びが聞けたか


203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:05:26.23 ID:mNZA3NEa0


むさ苦しいパーティーだなw
ポップの代わりにブラス老でもよかった


204以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:07:23.73 ID:1TEyXOSk0


バラン「ほう…軍団長を二人も退けただけはあるな。」

ハドラー「くっ…強い…!:

クロコダイン「どうやら奴には呪文は一切効かないようだな。」

ハドラー「…どうやら…そのようだな。」

バラン「たったあれだけでよく見抜いたな。だが…気がついたところで

    私には勝てん。」

 バランの攻撃!ギガブレイク!クロコダインに778ダメージ!

クロコダイン「ぐあああッ!」

 バランはの攻撃!紋章閃!クロコダインに231ダメージ!

クロコダイン「ぐっ…!」

バラン「ディーノ。」

ディーノ「はい、お父様。」

 ディーノの攻撃!ディーノはドルオーラを唱えた!

 ハドラー達に平均897ダメージ!

ハドラー「うぐおッ…。」


205以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:13:33.52 ID:1TEyXOSk0


ハドラー(…マズい…このままでは…!)

クロコダイン(せめて4人だったら…。)

バラン「もう降参か。つまらんな。」

バラン「いいだろう。この手で貴様等に引導を渡してくれる!」

バラン「覚悟ッ!」

 バランの攻撃!ギガブレイク!


206以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:15:16.11 ID:Y2/dGCyL0


FFレベルのダメージインフレ


207以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:18:54.32 ID:1TEyXOSk0


 ???に167ダメージ!

バラン「なっ…何だ貴様!?」

キルバーン「危ないァ…もうちょっとキミ達全員死んでいたよ?」

ハドラー「キルバーン!?何故貴様がここに?」

キルバーン「か〜んたんさァ。ボクの獲物を取られたくなかったからだよ。」

キルバーン「ボクは一度狙った獲物は必ずボクの手で殺すって決めているんだよ。」

キルバーン「それを邪魔されたくなかっただけ。ねェピロロ?」

ピロロ「うんうん!


208以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:24:15.22 ID:1TEyXOSk0


クロコダイン「よくわからんが…とりあえず感謝はしておこう。」

キルバーン「感謝される筋合いはないけれど、まァいいか。」

バラン「死神め…何故邪魔をした?」

キルバーン「理由は今言ったよ?聞こえてなかったかなァ…?」

バラン「くっ…いいだろう。死神、お前は元々気に入らなかったが

    このような事をする男ではないと思っていた。」

バラン「だが!作戦の邪魔をするというのであれば容赦なく斬るぞ?

    最後の情けだ。わかったのならそこをどけ。」

キルバーン「やれるものならご自由に。ね、ピロロ。」

ピロロ「そうだそうだ!」


209以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:28:39.78 ID:bJtSt0uU0


予想外の展開になってきた


210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:29:13.92 ID:1TEyXOSk0


バラン「…。」

バラン「いいだろう。全員まとめて殺してやる。この私に刃向かった事を後悔

    するがいい!」

バラン「いくぞッ!ディーノ!」

ディーノ「はい!」

 バランの攻撃!キルバーンに87ダメージ!

 バラン攻撃!ハドラーに176ダメージ!

 ディーノの攻撃!ディーノはバギクロスを唱えた!ハドラー達に平均114ダメージ!


211以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:33:58.05 ID:1TEyXOSk0


ハドラー「くっ…強いな…。流石は魔軍指令だ。」

クロコダイン「だが俺達も負ける訳にはいかんのだ!」

 ハドラーの攻撃!ハドラーの地獄の爪がバランを切り裂いた!

 バランに176ダメージ!ハドラーの攻撃!グランドクルス!

 バランに221ダメージ!

バラン「くっ…だがこれしきではこの竜騎将バランは倒せんぞ!」

 クロコダインの攻撃!会心の一撃!バランに198のダメージ!

キルバーン「二人とも流石だねェ…こうなったらボクも頑張らなくちゃね…!」


212以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:40:05.63 ID:1TEyXOSk0


 キルバーンの攻撃!キルバーンは地底からマグマを呼び出した!

 バラン達に平均256のダメージ!

 キルバーンの攻撃!キルバーンは鎌鼬を放った!

 バラン達に平均224ダメージ!

ディーノ「ぐあっ…!」

バラン「ディーノ!」

 キルバーンの攻撃!ディーノに198ダメージ!

 キルバーンの攻撃!剣の舞!ディーノに合計648ダメージ!

 ディーノをやっつけた!


213以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:42:30.78 ID:vP0oJ36b0


キルバーン無双


214以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:44:31.35 ID:1TEyXOSk0


バラン「ディーノーーーッ!」

キルバーン「まずは一人めっと…残るはバラン君だけだね。」

バラン「ディーノしっかりしろ!ディーノ!」

ハドラー「…。」

キルバーン「攻撃しないんだったらこちらから行かせてもらうよ?バラン君。」

バラン「………。」

バラン「…貴様…よくも…よくもディーノを!」

バラン「許さん…!絶対に許さんぞ…死神ッ!」

 バランはギガデインを唱えた!


215以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:48:23.62 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「許さんぞ…死神め…!」

キルバーン「ウフフフッ…許さないか。だから何だって言うんだい?バラン君。」

ピロロ「カッコいい〜〜〜!!」

竜魔人バラン「この私をここまで愚弄したのは貴様が初めてだ。絶対に許さん。」

キルバーン「ウフフフッ…それじゃあ第二ラウンドといこうか…!」


216以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:51:06.43 ID:sz9w42eDO


主人公あっさりやられたな


217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:54:16.83 ID:1TEyXOSk0


   ー氷魔塔ー

ザボエラ「キィーッヒッヒッヒ!来たかアバンめ!」

ミストバーン「…。」

アバン「どうやら…罠だったようですね。」

ロン「まぁ想定内だ。」

ザボエラ「この状況で随分余裕じゃな。それともお主らの目は節穴なのか?」

ミストバーン「…油断をするなよ。ザボエラ。」

ザボエラ「ふん。油断をしようがしまいがこの数相手には勝てんて。」

ロン「くるぞ。気をつけろよッ!」

アバン「ええ!」

ザボエラ「行けっ妖魔師団!奴等を殺すのじゃあ!」

ミストバーン「…。」


218以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 06:58:43.81 ID:47JzSbsb0


おっさんにはぐわあああああがよく似合う


219以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:02:09.28 ID:1TEyXOSk0


   ー20分後ー

ザボエラ「ひいいぃぃぃ…ッ!」

ミストバーン「…。」

ロン「これで全部か。」

アバン「そのようですね…。」

ザボエラ「みっ…ミストバーン様!」

ミストバーン「…。」

ザボエラ「どっ…どうすればよいのでしょうか!?」

ロン「戦うのか?ミストバーン。」

ミストバーン「……当然だ。」

ザボエラ「そっ…そんなぁ…!」

ポップ(…どっ…どうすりゃいいんだよ?俺は!?)

ロン「そうか。」


220以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:10:14.22 ID:1TEyXOSk0


ミストバーン ザボエラが現れた!

ロン「さてどうする?どっちがどっちの相手をする?」

アバン「では私があの魔術師のような姿の魔族の相手をします。」

ロン「じゃあ俺はミストバーンの相手をしよう。」

アバン「行きますよッ!」

 アバンの攻撃!アバンはメラゾーマを唱えた!ザボエラに211ダメージ!


223以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:17:16.51 ID:1TEyXOSk0


 ロンの攻撃!隼の斬り!ミストバーンに231ダメージ!ミスとバーンに225ダメージ!

 ロンの攻撃!魔神斬り!会心の一撃!ミストバーンに511ダメージ!

ザボエラ「あちゃちゃちゃッ!」

ミストバーン「…。」

 ミストバーンの攻撃ビュートデストリンガー!ロンに154ダメージ!

ザボエラ「おのれ…よくもやってくれたな!」

 ザボエラの攻撃!ザボエラはベギラマを唱えた!

 アバン達に平均67ダメージ!


224以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:21:10.04 ID:1TEyXOSk0


 アバンの攻撃!アバンストラッシュクロス!ザボエラに569ダメージ!

ザボエラ「うぎゃああッ!」

ミストバーン「…。」

 ミストバーンの攻撃!闘魔傀儡掌!ロンには効かなかった!

 ロンの攻撃!火炎斬り!ミストバーンに156ダメージ!

 ロンの攻撃!氷結斬り!ミストバーンに134ダメージ!


225以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:26:21.88 ID:1TEyXOSk0


 ザボエラの攻撃!ザボエラはメラゾーマを唱えた!

 アバンに226ダメージ!

 アバンの攻撃!アバンはイオナズンを唱えた!ミストバーン達に平均176ダメージ!

 ザボエラをやっつけた!

ミストバーン「…。」

ロン「さぁミストバーン。残るはお前だけだぞ。」

 ミストバーンの攻撃!闘魔最終掌!ロンに473ダメージ!

ロン「うおっ…!」

アバン「ロンベルクさん!」

 アバンはベホマを唱えた!


226以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:30:38.26 ID:1TEyXOSk0


ロン「まだこのような技を使えたとは…。」

ミストバーン「…。」

アバン「行きますよ!」

 アバン攻撃!ミストバーンに142ダメージ!

 ロンの攻撃!隼斬り!ミストバーンに211のダメージ!233のダメージ!

 ロンの攻撃!剣の舞!ミストバーンに合計767ダメージ!

 ミストバーンをやっつけた!


227以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:31:12.45 ID:/4oOURYXO


ミストが普通に喋っとるΣ(゚Д゚)


228以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:34:34.64 ID:vP0oJ36b0


ポップが覚醒しない


230以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:36:02.79 ID:1TEyXOSk0


ミストバーン「…ここまでか。」

ロン「まて、逃げるのか?」

ミストバーン「…そうとってもらっても結構だ。…私は敵味方問わず強き心と

       肉体を持つ者は尊敬する…。」

ミストバーン「…お前達の活躍を永遠に心に留めておくことを約束しよう…。」

ロン「待て!ミストバーン!」

アバン「行ってしまったようですね。」

アバン「そういえば炎魔塔の方はどうなっているのでしょうか?」

ロン「そうだな。行ってみるとしよう。」


231以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:41:50.17 ID:1TEyXOSk0


   ー炎魔塔ー

竜魔人バラン「はぁはぁ…ウグッ……死神め…ここまでやるとは…!」

キルバーン「ウフフッ…どうしたんだい?もう限界なのかい?」

竜魔人バラン「この期に及んでまだそのような事を…いいだろう。」

竜魔人バラン「我が最強の技、ドルオーラで決着を付けてやる…!」

キルバーン「ドルオーラか。面白そうだねェ…!いいよ、受けてあげる…!」

竜魔人バラン「馬鹿め。この技を受けたら最後、確実な死が待っているぞ!」

キルバーン「ウフフフッ…さァどいうかな?」

竜魔人バラン「終わりだ。ドルオーラ!」


232以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:47:37.65 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「…死神の最後…か。」

キルバーン「誰の最後…だって?」

竜魔人バラン「なっ…!?」

キルバーン「流石はドラゴンの騎士の秘呪文だね。今のは効いたよ。」

キルバーン「でもね…死神は死なないのさ…!」

竜魔人バラン「死神は死なない…だと?……。」

竜魔人バラン「舐めるなぁぁぁぁぁッ!」

 バランはドルオーラを唱えた!キルバーンに981ダメージ!

 バランはドルオーラを唱えた!キルバーンに957ダメージ!

 バランはギガデインを唱えた!キルバーンに254ダメージ!

 バランはライディンを唱えた!キルバーンに87ダメージ!

 バランはメラミを唱えた!キルバーンに54ダメージ!


233以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:49:32.54 ID:D7GpqK7u0


どんどん弱くなってるのはMP切れか?


234以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:50:59.43 ID:BJ/QbFiu0


バランワロタwwww


235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:52:06.87 ID:xh89t+U40


ドルオーラが切り札って


236以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 07:52:41.86 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「はぁはぁはぁ…どうだ死神め…?これが我が全魔力を込めた攻撃…!

       これでもまだ不死身だと言い張るのか…?」

キルバーン「……くっ…まだ……死なない…さ!ボクは…不死身……だからね…!」

 キルバーンは鎌鼬を放った!バランに234ダメージ!

竜魔人バラン「くっ…どこにそんな力が…!」

キルバーン「だから…言ったはずだ…よ。ボクは不死身……だってね…!」


239以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:02:14.15 ID:1TEyXOSk0


ポップ(怖くなってコッチに逃げてきちまったけど…こっちはこっちで

    滅茶苦茶だぁ…!)

ポップ(それにどういう理由かわかんねぇけど化け物と死神の野郎が戦ってやがるし…。)


ポップ(それにハドラー達はボロボロ…一体俺はどうすればいいんだ!?)

ポップ(戦うって言っても俺…まだ弱いし…あんなのと戦ったら死んじまうよ…!)

ポップ(でも…俺は……俺は…ッ!)


240以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:08:04.81 ID:1TEyXOSk0


 ポップ 職業 魔法使い→賢者 レベル1
技…メラゾーマ ヒャダイン イオラ ベタン ベホマ

特殊能力…使用MP半減

竜魔人バラン「…くっ…往生際の悪い奴め…。」

竜魔人バラン「仕方ない…最後の魔力を込めて貴様を殺す…!」

 バランはライデインを唱えた!

竜魔人バラン「とどめだ…喰らえ!ギガブレイクッ!」

ポップ「待てっ!」


241以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:12:09.68 ID:1TEyXOSk0


ハドラー「ポップ…なぜここに…?お前はアバン達の方に行ったはず…。」

クロコダイン「いいから逃げろ…!コイツは並の化け物じゃない!神の化身とも

       言うべき存在なのだ…。」

クロコダイン「だから……逃げ…ろ。」

ポップ「ありがとよ、おっさん。でも…逃げる訳にはいかねぇんだよぉ!」

竜魔人バラン「…何かと思えば人間の小僧か。…悪いことは言わん。素直に

       ここから立ち去れ。そうすれば危害は加えん。」

ポップ「断るッ!」


242以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:15:01.66 ID:esJVpOb20


ポップ覚醒くるうううううう!?


243以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:16:13.39 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「なに…?」

ポップ「俺は…弱っちくていっつも皆に守られて来たんだよぉ…でもなぁ!」

ポップ「それじゃダメなんだって事に今更気づいたんだ!」

ポップ「アバンの使徒として…いや、一人の男として引き下がる訳にはいかねぇん

    だ!」

竜魔人バラン「…威勢のよさだけは認めてやろう。…だが、勇敢と無謀は違うぞ

       小僧よ!それをお前は取り違えている。」

竜魔人バラン「…貴様にはこの事実を死を持って教えてやる…!」


244以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:23:08.14 ID:1TEyXOSk0


   竜魔人バランが現れた!

ポップ(…さぁどうする…?コイツの強さは化け物以外の何物でもない。)

ポップ(だがおっさん達が頑張ってくれたお陰で、コイツの魔力も限界のようだし

    なんとかなるか…?)

ポップ(何にせよ…油断したら負けだ……全力でいくぜ…!)

 ポップの攻撃!ポップはメラゾーマを唱えた!

 バランに156ダメージ!

竜魔人バラン「うぐっ……だが負けん…!」

 バランの攻撃!ミス!攻撃は外れた!

ポップ「あぶねっ…。」

ポップ(いくら魔力が尽きているとは言え、あの攻撃を喰らったらヤバいどころの

    話じゃないしな…!)


245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:27:46.92 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「ちょこまかと動きおって!」

 バランの攻撃!ミス!攻撃は外れた!

ポップ(よっしゃ!スキあり!)

ポップ「ベタ…!」

竜魔人バラン「かかったな…!」

ポップ「なっ…しまっ…、」

 バランの攻撃!紋章閃!ポップに123ダメージ!

ポップ「うっ…。」


247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:32:33.04 ID:D7GpqK7u0


そういやこのポップ、メドローア無いのか


248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:32:36.92 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「…残念だったな。貴様とは戦いの年期が違う。」

竜魔人バラン「人間風情がいくら背伸びをしたところで、この竜魔人バランには

       勝てん。」

ポップ(…くっそ…こんなはず……じゃあ…。)

アバン「…おやおや、こちらは想像以上に酷いですね…。」

ロン「そのようだな。」

アバン「私の可愛い弟子達をこの様にしてくれたのは貴方…ですか?」

ポップ「せっ…先生…!」

竜魔人バラン「くっ…早い。もう来たのか…!」


249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:38:37.44 ID:1TEyXOSk0


竜魔人バラン「…本当は貴様等全員ここで始末したい所だが…。」

竜魔人バラン「やむおえん。一旦引かせてもらうとしよう。」

竜魔人バラン「さらばだ…!」

アバン「ふぅ…お疲れ様!」

ポップ「せ…先生…!俺…俺ッ!」

アバン「ポップ、良く頑張りましたね。ハドラーさん達も有り難う御座います。」


250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 08:41:52.33 ID:1TEyXOSk0


ハドラー「礼を言われる覚えはないがな…。」

クロコダイン「今回は危なかったな…一時はどうなるかと思ったが…ん?」

ロン「どうしたんだ?クロコダイン。」

クロコダイン「いつの間にか死神が消えている…。」

ハドラー「…本当だな。結局何がしたかったのか分からずじまいだったが…。」

アバン「ま!とにかく姫たちを助けて一旦帰るとしましょうか!」

スポンサーサイト
[ 2012/04/27 21:00 ] SS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://2chmatometemitazo.blog.fc2.com/tb.php/134-01fee6aa


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村 フッジサーンあんてな
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。